お正月に神社やお寺に行くと必ず引きたくなるおみくじ。

その開祖といわれているのは、平安時代に第18代天台座主(てんだいざす)(天台宗で一番エライ人)を務めた、慈恵大師 良源(じえだいし りょうげん)(912~985)という天台宗の僧侶です。
今でも「日本天台宗中興の祖」と崇められていて、元三大師、角大師、豆大師、厄除け大師など、たくさんの尊称で親しまれています。

良源上人ってどんな人?

下の写真が、「角大師 良源」をあらわす絵です。

角大師

ですね!
別に、良源が怖い人だったというわけではありませんよ^^;

この絵にはこういう伝説があります。

かつて都に疫病が流行った時、良源上人は人々を救おうとして座禅に入りました。
すると、みるみるうちに姿が変わり、鬼の姿に変わっていったのです。
見ていた弟子たちのうちにただ一人、その姿を写し取ることができ、良源上人はその絵を版木でお札を刷るように命じられ、人々に配布しました。

それからこの絵があるところには病魔が恐れてよりつかず、一切の厄難から逃れることができたのです。

良源上人の霊験は今でも全国的に崇められています。

ちなみに、元三大師(がんざんだいし)と呼ばれているのは、1月3日が命日だからです^^

元三大師おみくじはどこで引ける?

元三大師みくじは、元三大師が

「観音菩薩に祈念して、いただいた偈文が信州戸隠山明神にある。これは人々の困難を救う処方箋である。これで衆生を利益せよ。」

と言われたことから使われるようになったそうです。
ものすごく御利益がありそうですね^^

元三大師みくじの中でも有名なところは、比叡山延暦寺の横川(よかわ)にある元三大師堂(がんざんだいしどう)です。

横川 元三大師堂

元三大師堂は、元三大師が住んでいた場所で、比叡山の中でも一番北側にあります。

そもそも比叡山延暦寺は京の都を守るようにと、都の鬼門に建てられたのですが、その中でも鬼門にあたります。
鬼門中の鬼門となる場所に、自ら鬼になるほどものすごいパワーを持っている厄除け大師がいらっしゃるというわけですね^^

元三大師堂のおみくじは、1回千円。
おみくじにしてはものすごく高く感じますが、もちろん普通のおみくじではないんです。

ここでは、おみくじは自分で引きません。
元三大師に直接お伺いをたてるということで、修行を重ねた僧侶しか引けないのです。
なので、修行を積んだお坊さんに代わりに引いてもらいます。

おみくじをお願いしたい場合はまず、どういうことを元三大師さまにお伺いしたいのか、紙に書く必要があります。
そしてカウンセリングのように住職からその内容について聞かれます。

その後に読経をされて、おみくじを引いてもらいます。
結果が出たらその内容について説明して下さり、仏教的観点からアドバイスを下さるという流れです。
結構充実していますね^^

元三大師堂ではこれだけ本格的にやってもらいますので、自分の分を占うだけでも十数分はかかります。


延暦寺は「比叡山」という山全体が境内になっていてとても広く、東塔(とうどう)西塔(さいとう)横川(よかわ)の三つの地域に分かれています。

中で一番有名な根本中堂は東塔にあって、横川には車で行かないと結構遠いですので、行くならきちんと予定に入れた方が良いですね。

比叡山に車で行くなら、こちらで割引券を印刷しておくとお得です。
比叡山~奥比叡縦走ドライブウェイ 通行料金割引券

ちなみに、普通のおみくじタイプの元三大師みくじも、元三大師ゆかりのお寺にある場合もあります。
私は大原の三千院で引いたことがあります。

三千院 元三大師みくじ

三千院 元三大師みくじ

これなら気軽に引きたい方も引くことが出来ますね^^
あと、私は引いていませんが、京都御所東側にある廬山寺でも普通のおみくじタイプの元三大師みくじがありました。