吉田神社 節分

京都の節分行事で最も人が集まる行事の一つ、吉田神社の節分祭に行きました。
吉田神社は節分発祥の社といわれていてたくさんの人が厄除け祈願にやってきます。

周辺は交通規制が行われ、屋台もたくさん出て盛り上がるのですが、その中の一つに、河道屋のれん会の「年越そば」があります。

吉田神社 河道屋のれん会出張店

場所は料理飲食の神様を祀る境内社「山陰神社」のすぐ横。
昭和27年から毎年2月2~3日に出店しているそうです。

「年越しそば」といえば、普通は大晦日に食べるもの。
ここではなぜ節分の日に「年越そば」なのでしょうか?

年越そばはそもそも節分の日に食べるものだった!

河道屋のれん会 テント

実はそもそも「年越そば」というのは、2月の節分の日に食べるそばだったのです。

「節分」は「季節を分ける」という意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことを指します。
なので2月の節分の次の日は「立春」です。

風水上では立春が新年の始まりとされているんですね。
なので、その前日である「節分」に食べるそばが年越そばなんです。

一方で江戸時代には、月終わりにそばを食べる風習があったのだそうです。
月終わりのことを「晦日」といいます。
なので12月の終わりは「大晦日」なのです。

この、月終わりに食べるそばは「晦日そば」と呼ばれていました。

明治になると暦が新暦になります。
すると、今と同じように12月31日の大晦日で1年を締めくくり、1月1日で新年を迎えますから、「年越し」と「晦日」がかぶるようになるんですよね^^;

今の感覚だと当たり前なのですが、昔は違ったわけです。

結果、それが混じって、大晦日に食べるそばが「年越しそば」になったのではないか?といわれているんですね^^

河道屋のれん会の年越しそば

河道屋のれん会 年越そば

こちらが河道屋のれん会の年越しそば。
650円です。

山葵大根おろしと海苔のシンプルなそばでした^^
わさびは抜いてもらうことができますが、ほんのり香る程度で食べた後に広がります。
個人的にはあった方がおいしいと思います。

ちなみに、なぜ年越しにそばなのか?というと、蕎麦はすぐに切れやすいことから、今年一年の厄を断ち切るという厄除けの意味があるのだそうです。

吉田神社は厄除け発祥の社ですから、そういう場所で節分の日に年越しそばを食べるとご利益がありそうですね^^