大津市歴史博物館で開催されている「三井寺 仏像の美」を見に行きました。

日本の天台宗の祖といえば伝教大師 最澄ですね。
でも、最澄の頃は教えとしてはまだ不十分だったのですが、後に唐に渡って本場の密教を学び、天台宗の教学を完成させたのが慈覚大師 円仁と、智証大師 円珍です。

滋賀県大津市にある天台寺門宗総本山 園城寺(通称 三井寺)は、円珍が比叡山延暦寺の第五代 天台座主に就任した際、唐から請来した貴重な経典や仏画などを置く天台別院として整備したお寺です。
その後、日本四箇大寺(東大寺・興福寺・延暦寺・園城寺)に数えられるお寺になりました。

そのように、日本屈指の仏教文化の聖地となっている三井寺ですが、実は今年は円珍の生誕1,200年に当たる年。
それに合わせて10月19日に文化財収蔵庫がオープンし、秘仏公開がいくつか行われたりなどいろいろなイベントが行われています。

三井寺だけでも見どころがたくさんあるのですが、それとは連動して三井寺のすぐ近くにある大津市歴史博物館では「三井寺 仏像の美」という企画展が開かれています。
三井寺は広いですし、合わせて回るのは大変そうだったので、三井寺のイベントが始まるのに先がけて行ってみました^^

大津市歴史博物館

展覧会のポスターはこのようになっています。

三井寺 仏像の美

護法善神に毘沙門天、地蔵菩薩に不動明王、どれも立派な仏像ですね^^
特に中央のものすごく力強さを感じる不動明王は、鎌倉時代に慶派の仏師によって彫られたもの。
慶派らしい迫力のある仏像ですね^^

この展覧会では、三井寺と門前周辺に伝来する優れた仏像や仏画、曼荼羅、円珍が請来した経典などが展示されています。
その中で一番注目なのは、国宝 五部心観です。

五部心観
画像:「三井寺 仏像の美」のリーフレットより

五部心観は、円珍が唐から請来した19メートルほどある巻物で、上の画像はほんの一部分。
金剛界曼荼羅に描かれている五部(仏部,金剛部,宝部,蓮華部,羯磨部)の諸尊について一つずつ取り上げた解説書のようなもの。

実際には、上の画像の左側の部分がずらっと並んでいました。

上段に各尊像を、中段にはその尊像の真言を梵字で、下段に三昧耶形と契印、尊名の梵字を書いています。
これを見て密教の修行をしていたのでしょうね^^

この五部心観、唐時代の密教関係の原本の1つなのですが、そういうものは現在、世界的にもほとんど現存しないものになっています。
なのに三井寺ではほぼ完全形に近い状態で存在するわけです。

なので三井寺では通常は厳重に保管していて、三井寺の僧侶でも普段は全く拝することができないそうなのです。
開けるのにも儀式が必要なのだとか。

そういうものが今回の展覧会で惜しげもなく見れてしまうところがすごいですね^^

仏像の作風も多彩でした。

全体的に太さがあって重厚感のある千手観音像。

千手観音

なぜ三井寺に?と思うようなエキゾチックな清涼寺式釈迦如来。

清涼寺式釈迦如来

毎年護法善神堂の前で行われる千団子祭の時にのみ開扉される、護法善神像。

護法善神

護法善神は智証大師が子供の頃と 入唐後にその姿をあらわした「訶梨帝母」という女神で子供を守る神。
以前から拝見したかったのですが、まさかここで見れるとは思いませんでした^^

そして、こんな可愛らしい像も。

三井寺 愛子立像

こちらは、護法善神像の足元に置かれているという愛子(あいし)立像。
お花畑を駆け回っているようですね^^
こういう子供の像があることで、護法善神の子供を守るというご利益が引き立つような感じがします。

他にも不動明王が豊富で、リーフレットに出ているような完成度の高いものがあったり、ゴツゴツとした顔のものがあったり、カッと目を見開いたものがあったり、作者や時代が違うとこんなにも違うのかと感じられました^^
このような完成度の高い仏像がたくさんあるのは、さすが日本の仏教文化をリードするお寺だなあという感じでした。

三井寺では現在、日本三不動の1つ「黄不動」や、33年に一度御開帳される西国三十三所霊場の如意輪観音、そして国宝に指定されている智証大師坐像(中尊大師・御骨大師)など、普段見れない秘仏が一気に公開されています。

そして、通常は非公開の国宝・勧学院客殿・光浄院客殿も公開される(11月7日から)という豪華さ!
終了日時はそれぞれ違うのですが、11月23~24日あたりまでの公開となりますので、訪れる場合は三井寺の公式サイトを確認してみて下さい。

「三井寺 仏像の美」も11月24日までとなっています。
一緒に観覧すると良いですね^^

博物館からの景色も、琵琶湖や向こう岸の近江富士が見えてきれいでした♪

大津市歴史博物館

大津市歴史博物館のアクセス情報

正式名称 大津市歴史博物館
TEL 077-521-2100
住所 滋賀県大津市御陵町2-2
開門時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
定休日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館) 、祝日の翌日(土・日曜日の場合は開館)
電車・バス
  • 京阪電鉄石坂線「別所」駅下車徒歩5分
  • JR湖西線「大津京」駅下車徒歩15分
  • JR琵琶湖線「大津」駅から京阪バス10分「別所」下車
駐車場 無料
拝観料 一般:1,000円
高校・大学生:500円
小中学生:無料
公式サイト http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

周辺のホットペッパー・クーポンが使えるお店

カプリチョーザ 大津パルコ店

  • 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~22:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
  • 定休日:
  • JR膳所駅(ぜぜ)下車、改札口より 徒歩9分、京阪石場駅下車、改札口より 徒歩5分

毎日ソフトドリンク無料♪ 2名様セット3260円(税別)

カプリチョーザ 大津パルコ店のクーポン(PC)

カプリチョーザ 大津パルコ店のクーポン(スマホ)

肉バル モダンミール 大津店

  • 営業時間:月、水~日、祝日、祝前日: 11:00~14:00 (料理L.O. 13:30)17:00~23:00 (料理L.O. 22:30)
  • 定休日:
  • 京阪浜大津駅から徒歩2分JR大津駅から徒歩15分浜大津駅から170m

大津最安値!近江牛♪ 飲み放題も♪ドリンク安い

肉バル モダンミール 大津店のクーポン(PC)

肉バル モダンミール 大津店のクーポン(スマホ)

ホットペッパー Webサービス
【画像提供:ホットペッパー グルメ】

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ