嵯峨豆腐 森嘉
嵯峨・清涼寺のすぐ横にあるお豆腐屋さん、嵯峨豆腐 森嘉。

江戸時代の安政の頃からあるお豆腐屋さんです。
大覚寺や天龍寺など、嵯峨地区の各寺院御用達で、川端康成や司馬遼太郎の作品の中でも紹介されています。

嵐山といえば湯豆腐屋さんが多いのですが、森嘉の豆腐を使っているところが多いようです。

地元の人もよく買いに来るみたいですし、今まで豆腐が好きじゃなかった人が、ここの豆腐を食べて好きになったという人もいます。

基本的に持ち帰りの豆腐屋さんで、白豆腐、きぬごし(夏限定)、すしあげ、あつあげ、油あげなどを売っていますが、飛龍頭ひろうすと油あげは食べ歩き用も用意していて、

「ここで食べます」

と言えば、テイクアウト用に出してくれて、店前のベンチで頂けます。

というわけで、ひろうすを頂きました^^

こちらがひろうすです。
森嘉 ひろうす
がんもどきですね^^

関西ではそれを「ひろうす」と言います。

中身はこんな感じです。

森嘉 ひろうす

真ん中にどんと乗ってるのは銀杏。
そして大きなゆり根がたっぷり入っています。
その他、人参、牛蒡、きくらげ、黒ゴマ、麻の実、山芋などが入っているそうです。

アツアツのうちに塩をかけて食べます。
塩をかけないとあまり味がなく、素材を活かしたナチュラルな風味。
油っぽさも少ないです。
塩をかけるととっても美味しくなります!

ナチュラルな風味はそのままに、外カリ中フワで食感もバッチリ♪
塩だけでここまで美味しくなるのもさすがですね^^

もちろん、家用にも買って帰りました♪

森嘉 きぬごし

きぬごしは1丁400円。

スーパーの豆腐と比べたらかなり高いですが、大きさも結構大きいです。
シンプルに冷奴にして頂きましたが、キメ細かさがあって、大豆の良さを上手に引き出しているな~という感じでした^^

嵐山に行く時は、保冷バッグ必須ですね!
(大丸京都店や阪急うめだでも小売りしています。)