東寺に行くと寄って行きたいお店ナンバー1なのが、『おはぎ 巴』です(^∇^)
ここのおはぎは今のところ一番自分好みのお味のおはぎです。

東寺近くのおはぎ巴の感想

おはぎ 巴屋

東寺近くのおはぎ巴屋の感想

“おはぎ 巴屋”はおはぎオンリーのおはぎだけで勝負するおはぎ屋さんです(`_´)ゞ
しかもシンプルに、あんこときなこの2種類しかありません。。。なんて潔いのだろう。

でもこれよっぽど味に自信ないと商売として成り立ちませんよね。。。勇気ありますねぇ。
でも見た目はちょっと小ぶりなところが特徴で、ごくごく普通のおはぎです。

パッケージも透明のごくごくありふれたプラスチックケースで、包装もなくビニールの袋に入れてくれるだけ。。。手土産として持って行くには少し味気ない感じですね。。。

中もいたって普通です。

東寺近くのおはぎ巴屋の感想

で、一口食べると。。。うん、普通。。
最初はそんなに感動はないのです。

でも二口、三口と食べていると、これ私ド☆ストライクだ!ってことに気づかされるのです。
素朴ながらも味のバランスの良さが絶妙なんです。

おはぎは昔から家庭で作るお菓子だったので、大胆な味を想像してしまいがちなんですが、さすが京都!程好い甘さのつぶあんに、程好い塩加減のもち米。そしてもち米が程好いプチプチ感を残しているので、噛む食感が楽しいし、小豆の粒も程好い茹で加減ので、程好い4拍子でまさに『絶妙』なんです。

これだけ甘さ控えても全く物足りなさを感じないのは、やっぱりこの全体のバランスの良さだと思います。
食べ終わって改めて実感!今まで食べたおはぎの中で一番美味しいってことに。

巴のおはぎはそんなおはぎです。不思議~。
こぶりなのと甘さが全く口に残らないので、一人で3つくらいはペロリといけるので多めに買って帰ることをお勧めします(^∇^)

ここもやっぱり自信を持っておススメできるおはぎやさんです。
巴屋さんは普段はイートインできるらしいのですが、私が行った時はテイクアウトのみでした。

毎月21日に開催される弘法市では午前中に売り切れてしまう場合が多いようなのでご注意を!
そして弘法市の前日もイートインできないようです。