大覚寺門跡

京都・嵯峨野にある、真言宗大覚寺派の本山、大覚寺。

正式には「旧嵯峨御所大覚寺門跡」といいます。
よくドラマや映画の撮影にも使われているお寺ですね。

2007年のJR東海「そうだ、京都行こう」のCMにも使われています。

名前に「門跡」とついていますが、これは皇族・貴族が住職を務めるお寺のことで、住職さんのことも「門跡様」と言います。
大覚寺は明治時代初頭まで代々皇族の方が住職を務めていた、格式のあるお寺です。

大覚寺の境内はかなり広く、四季折々の景色が素晴らしく綺麗で、境内全域が国指定史跡にも指定されています。
大覚寺は元々、平安時代の天皇、嵯峨天皇の離宮でした。
それをお孫さんが、天皇の崩御後にお寺にしたんです。

嵯峨天皇はかなりの文化人で、弘法大師空海とも親しく、空海と並んで日本の書道史上の能書のうちで最もすぐれた3人「三筆」に選ばれるほど。
二人はこの離宮で親交を深めたことで、平安文化が花ひらいたんです。

なので今でも離宮跡の綺麗な景色が残っていたり、「いけばな嵯峨御流」という生け花の流派の家元が境内に残っていたりします。

9月には、「観月の夕べ」という名月の風情を味わうイベントが行われますが、これは嵯峨天皇が文化人を呼んで、寺の裏にある大沢池に船を浮かべて楽しんでいたことがはじまりになっています。

こんな風に雅さを感じるお寺ですが、実際行ってみると都会を忘れるような静かな場所で、割と自由に写真が撮れたり、座って休んだりできる良いお寺でした^^

大覚寺の境内

大覚寺 表門

大覚寺は境内が広くて見どころがたくさん♪
表門をくぐると、拝観入口の前には低めに調節されている松があります。

大覚寺 松

拝観入口から入ってすぐ、式台玄関から外を除くと、先ほどの松が良い形で見えます。

大覚寺 松

そのために低い松にしたのか?と思えるような見え方です^^

廊下を歩いて、売店の横を通って宸殿にでます。
部屋が5つに分かれていて、狩野山楽筆の襖絵があります。

しかも、通常はこういうのは撮影禁止のところが多いのですが、大覚寺は撮影しても問題ないようで、バッチリ撮らせて頂きました^^

大覚寺 狩野山楽 襖絵 大覚寺 狩野山楽 襖絵

大覚寺 狩野山楽 襖絵 大覚寺 狩野山楽 襖絵

宸殿から御影堂に向かう廊下は、パンフレットでもよく使われている「村雨の廊下」(稲妻の廊下ともよばれる)です。

大覚寺 稲妻の廊下

柱を雨に、廊下は直角に曲がって稲妻に見立てているのだとか。
廊下から見える庭も綺麗です^^

大覚寺 稲妻の廊下

鎌倉時代に御宇多天皇が院政政治を行っていたという正寝殿には可愛らしい「野兎の図」があります。

大覚寺 野兎
劔璽けんじの間も立派です。

大覚寺 劔璽の間

宸殿から御影堂をみた風景。

大覚寺 御影堂

庭には暑い中、庭を整える人達が常に何人もいて、細かい作業を頑張っていました。
境内が広いと結構維持が大変そうです^^;

お堂周りは日陰で涼しくて、なんだか上から見下ろしているみたいで申し訳ないです^^;
御影堂正面から外には、石舞台があります。

大覚寺 石舞台

天皇もこの視点から舞台での催し物を見ていたのでしょうか?^^
御影堂の裏には心経殿があります。

大覚寺 心経殿

大覚寺は心経写経の根本道場でもあるのですが、それは嵯峨天皇が弘法大師に勧められて般若心経のお写経をされたのが始まりだそうです。
天下泰平を祈願されて写経をされたのですが、それで疫病がたちまち治まったのだとか。

心経殿には、嵯峨天皇のその時の御写経や薬師如来立像が安置されていて、60年に1度開封されるそうです。

御影堂から御本尊の五大明王を祀る五大堂まで行くと、そこからは大沢池が見えます。

大覚寺 大沢池

蓮がたくさん咲いていて、月見台があります。
実は大沢池は、嵯峨離宮の苑池として作られた人工の池で、日本三大名月観賞池の一つとされています。

というわけで、9月の中秋の名月には、船で月を鑑賞する「観月の夕べ」というイベントが行われます。
かつては文化人たちを集めて、船の上で和歌を詠みながら宴を楽しんでいたようです。
雅ですね♪

大沢池の畔には「心経宝塔」という塔が建っています。

大覚寺 心経宝塔

大沢池を挟んで見た時に綺麗に目立っている塔ですが、これは嵯峨天皇の心経写経1150年を記念して、昭和42年に建てられた比較的新しいものです。

私が参拝した時にたまたま内部公開をしていて、内部で四国八十八ヶ所霊場のお砂踏みが体験できました。
内部は撮影禁止なので写真はないのですが、お砂踏みは四国の八十八霊場それぞれのお砂が座布団の中に入っていて、それを踏みながら各お寺の御本尊の真言を唱えるというものです。

このお砂を踏むことで、お遍路さんを1回まわったことになるそうです^^

座布団の前には各寺の御本尊が描かれた掛け軸が掛けられていて、そこに真言も書かれています。

順番に座布団を踏んで、書かれている真言を口に出して唱えていけば良いわけです。
八十八霊場のお参りが済んだ所に、如意宝珠を納めた真珠の小塔が安置されていました。
そこで祈願をして、観音菩薩像に礼拝、弘法大師像にお礼をして終了です。

御朱印

大覚寺は

  • 真言宗十八本山
  • 近畿三十六不動霊場第十三番

という札所です。
私は真言宗十八本山の分を頂きました。

大覚寺 御朱印

大覚寺にはオリジナルの御朱印帳が4種類あります。

大覚寺 御朱印帳

  • 龍頭図朱印帳(1,500円)
  • 牡丹図朱印帳(1,500円)
  • 大沢池朱印帳(青と緑の色違い2種:1,200円)

となっています。

龍頭図は、大覚寺の裏の大沢池に浮いている龍頭船をモチーフにして、刺繍で表現したもの。
牡丹図は、お寺の宸殿「牡丹の間」にある襖絵(狩野山楽 筆)を忠実に再現したもの。
大沢池は、大沢池から見える桜の風景と心境宝塔を西陣織で表現したものです。
私は牡丹図の朱印帳が気に入ったので、そちらを頂きました^^

大覚寺 御朱印帳

また、同じ牡丹図朱印帳ですが、大覚寺の門跡様直筆のものだと3,000円で販売されていました。


夏の大覚寺は、外は暑くてもお堂周りは日陰が多く、風も涼しくて心地よいところでした^^

自由に座って休んでいる人もいましたし、写真もほとんど自由。
それでとがめられないのが懐が広いですね♪
今度は写経しに訪れたいです。