奈良時代の貴重な古文化財の宝庫、興福寺

興福寺

奈良時代から朝廷の祈願所とされていた興福寺。
南都六宗の一つ、法相宗の大本山で、奈良を代表する大寺院です。

シンボルとなっている五重塔や、あの有名な阿修羅像や沢山の国宝・文化財が見れる国宝館、そして広い境内に奈良公園からの鹿もたくさんいて、見どころ満載のお寺です。
興福寺は、大化の改新で活躍した藤原鎌足の夫人である「鏡女王」が、天智天皇8年(669年)に鎌足の病気平癒を願って建てた山階寺(やましなでら)(現在の京都市山科区)が起源です。

その後、藤原京に移り、さらに和銅3年(710年)の平城遷都の時に鎌足の息子である藤原不比等が現在の場所に移し、名前も「興福寺」となりました。
このように場所を点々とした経緯がありますが、この710年が興福寺の創建年となっています。

藤原氏の氏寺となってから強い権力を持ち、次々に堂塔が建てられました。
1998年には「古都奈良の文化財」として世界文化遺産にも登録されています。
JR東海のCMもカッコイイですね^^

興福寺のランドマーク、五重塔

興福寺 五重塔

興福寺と言えば、やっぱりシンボルとなっている五重塔ですね^^

五重塔(国宝)は、創建者・藤原不比等の娘である光明皇后の命で建立されたものです。
東大寺の大仏殿と並ぶ有名な建物ですね^^
興福寺のオリジナル御朱印帳にも描かれています。

興福寺は境内自由。
塔堂に入るのでなければ無料です。

もちろん、五重塔にもすぐ近くまで行けますので写真もバッチリ撮れます。
高さは、京都の東寺の五重塔(54.8m)に次ぐ50.1m。
でも、興福寺の方が100年以上の古さがあります。

東寺のものは9世紀末頃の平安時代に創建されたもので、現在建っているものは寛永21年(1644年)に徳川家光の寄進で再建されたもの。
それに対して興福寺のものは天平2年(730年)、奈良時代に創建されたもので、現在建っているものは応永33年(1426)頃に再建されたものです。

創建も再建も、こちらの方が年季が入ってます^^
興福寺の境内は広いですが、境内のどこにいても見えるほどの高さです。
夜は年中ライトアップされていて、綺麗ですよ^^

内部は普段非公開ですが、たまに塔の初層が公開されることがあり、四方に

  • 薬師三尊像(東)
  • 釈迦三尊像(南)
  • 阿弥陀三尊像(西)
  • 弥勒三尊像(北)

が安置されているのが見学できます。

国宝仏像がズラッと立ち並ぶ東金堂

興福寺 東金堂

五重塔のお隣にあるのが東金堂(国宝)。
神亀3年(726年)、聖武天皇が伯母にあたる元正太上天皇の病気平癒を祈願して建てたものです。

なので御本尊は薬師如来。

薬師如来像と脇侍の日光・月光菩薩像は重要文化財ですが、その他の仏像は全て国宝!
以下のものがあります。

  • 維摩居士(ゆいまこじ)坐像
  • 文殊菩薩坐像
  • 四天王立像(四体)
  • 十二神将立像(十二体)

中に入ると、急に冷やっとする空気感。
そんなに広いお堂ではありませんが、東寺の立体曼陀羅のような感じで横長のスペースに国宝の仏像がズラッと並べられています。
国宝だけでも全部で18体!なかなかの見ごたえです^^

拝観料は、大人300円、中高生200円、小学生100円ですが、国宝館との共通券で買うと割引されます。

国宝仏像の美術館、国宝館

興福寺 国宝館

興福寺の食堂(じきどう)(僧侶が集団で食事をしていた場所)の跡地に建てられたものです。

外観は旧・食堂を模しているのですが、内部は照明の当て方、仏像の配置などで魅せ方を工夫した仏像の美術館になっています。
有名な阿修羅像をはじめとする八部衆像、釈迦の十大弟子立像(6体)などが、ガラスケースなしで目の前で直接拝観できるようになっています♪

お堂の中だと、本来祈ることが目的なので、じっくり拝観ということには適していない場合もありますが、国宝館では国宝クラスの仏像がベストな位置で拝観できるのが魅力ですね^^

定慶作とされている金剛力士像の筋肉の付け方のリアル感も間近で見れます。
天燈鬼・龍燈鬼といったユニークな鬼像も目の前で見れます^^

そして国宝館の真ん中には、旧食堂の本尊、千手観音菩薩像が安置されているのですが、その高さは約5.2m!
となりに2.2mほどの釈迦如来像や阿弥陀如来像があって、それも立派なのですが、この大きさのものが全身で見ることができるので、ものすごい迫力です!

ちなみに、明治時代の廃仏毀釈の時、食堂はもちろん、多くの仏像が壊されました(あの阿修羅像も・・・)。
でもこの、千手観音像は壊されずに済んだのだそうです。

5.2mもあると他所へ運ぶのも難しいでしょうに、よく無事で済んだものだと感心してしまいます^^
国宝館は、他のお寺ならメインとされるだろう仏像がゴロゴロ安置されています。

紹介していないのが勿体ないくらいなのですが、何度でも行きたくなるようなところなので、奈良に観光に来る際にはぜひ寄ってみて下さい^^
出口付近のショップで、阿修羅のTシャツなども買えます^^
私は阿修羅のポストカードを買いました。

阿修羅 ポストカード

他にも八部衆や十二神将、天燈鬼・龍燈鬼などのものもあります。

国宝館の入館は、大人600円、中高生500円、小学生200円です。
でも先ほどもちらっと書いたように、東金堂との共通券なら大人800円、中高生600円、小学生250円でお得です。

廉慶・運慶親子作の仏像が安置されている南円堂・北円堂

南円堂

東金堂・五重塔から西に歩いていくとあるのが、八角形の建物の南円堂と北円堂です。
どちらも普段は非公開ですが、春・秋に特別公開されることがあります。

南円堂・北円堂には、平安時代~鎌倉時代にかけて活躍した奈良仏師、康慶・運慶親子の仏像が安置されています。
上の写真は南円堂。

南円堂は西国三十三ヶ所霊場の札所にもなっていて、中に入れない時でも外側から拝むことができますので、人がいっぱいです^^

興福寺 南円堂

正面扁額には花山法皇が詠んだ南円堂の御詠歌がかけられています。

南円堂 御詠歌

「春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲」
と書かれています。

春の晴れた日の南円堂の様子が詠われていますが、「春の日」と言えば、興福寺の所轄でもあった「春日大社」とも掛けているようです。

「春」自体は、南円堂のご本尊、不空羂索観音の暖かい慈悲のことも表しています。
それが南円堂のように欠けることのない円満な状態で輝いているということですね^^

「三笠山」は奈良公園の東端にある「若草山」のことで、この詩では三毒煩悩の(貪・瞋・癡( とん・じん・ち))を示しています。

  • 貪・・・むさぼり。必要以上に求める心。
  • 瞋・・・怒りの心。
  • 癡・・・真理に対する無知の心。

つまり、南円堂で祀られている不空羂索観音の慈悲のお力で、煩悩でいっぱいの心も晴れる、という感じの歌ですね^^
南円堂の公開は、不定期な特別公開を除いて、公開は10月17日の一日だけとなっているようです。

いずれも国宝にしていされている康慶作の不空羂索観音坐像、四天王立像を拝むことができます。
機会がある時はぜひ参拝しておきたいところです^^

北円堂の方も、同じように八角形の建物ですが、普段は20mくらい離れたところから柵越しにしか見ることしかできず、近くまで行って拝むことはできません。

興福寺 北円堂

なので普段は寂しい感じなのですが、実は北円堂は建物自体が国宝です!
興福寺の建物は火災などで何度も建てなおされていますが、現存する建物で一番古いものはこの北円堂なんです。
現在の南円堂も、北円堂をモデルにして再建されたそうです。

南円堂のすぐ北側にあるので、訪れる際はぜひ見に行ってみて下さい^^
北円堂の中には運慶作の仏像が安置されています。
こちらの公開は、春と秋の2回チャンスがあります。

私は、南円堂創建1200年記念で今行われている「興福寺国宝特別公開2013」で両方とも拝観することができました♪
興福寺の南円堂・北円堂 特別公開2013に行きました♪

御朱印

興福寺にはたくさんの御朱印が用意されています。

  • 西国三十三所 第九番(南円堂)
  • 一言観音
  • 北円堂
  • 世界遺産(今興福力)
  • 中金堂
  • 西国薬師 第四番(東金堂)
  • 千手観音

です。
まずは西国三十三所 第九番、南円堂の御朱印です。

南円堂 御朱印

南円堂前の授与所で頂けます。
西国三十三所の御詠歌です。

西国三十三所 南円堂 御詠歌

先ほど紹介した、

「春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲」

ですね^^
次は南円堂のすぐお隣にある、一言観音堂の御朱印です。

一言観音堂 御朱印

一言観音は、どんな願いでも1つだけ叶えてくれる、という観音様ですね^^
こちらも南円堂前の授与所で頂けます。
一言観音の御詠歌の御朱印もあります。

一言観音 御詠歌

「頼もしく あゆみを運べ ひとことの 願ひもすてぬ 誓い今せば」

と書かれています。
次は世界遺産の御朱印です。

興福寺 世界遺産 御朱印

「世界遺産」の印と、「令興福力」という文言が書かれています。
こちらは南円堂前の授与所と、東金堂前の授与所どちらでも頂けます。
次は北円堂の御朱印です。

北円堂 御朱印

北円堂が御開帳の時に、北円堂前に仮の授与所ができていて、そこで頂きました。
普段は授与所がないので頂けないようです。
次は東金堂の御朱印です。

西国薬師第四番 御朱印

こちらは西国薬師第四番の札所にもなっていて、私は西国薬師霊場巡り専用の横長のタイプで頂きました。
通常の御朱印の場合、左半分の同じものが頂けます。
お次は今再建中の中金堂の御朱印です。

中金堂 御朱印

興福寺にはオリジナルの御朱印帳もあります。
南円堂横の売店と、東金堂前の授与所で販売されています。
上で紹介した五重塔と南円堂のカバーのものの他、種類がたくさんありますが、私は阿修羅像の着衣の柄と同じデザインがされた御朱印帳を購入しました♪

興福寺 御朱印帳

この御朱印帳は、南円堂横の売店でしか売ってないようです。
値段は1,050円です。


国宝が当たり前のように並ぶ興福寺、見どころいっぱいのお寺です^^
鹿せんべいを鹿にあげて楽しむこともできますよ♪

興福寺のアクセス情報

正式名称 興福寺
TEL 0742-22-4096
住所 奈良県奈良市登大路町48
開門時間 9:00~17:00(入館は16:45まで)
電車・バス
  • 近鉄奈良駅 東改札より徒歩5分
  • JR奈良駅より奈良交通市内循環系統に乗り5分バス停県庁前下車すぐ
駐車場 46台(1,000円)
拝観料 境内無料。

【国宝館】
大人:600円
中・高生:500円
小学生:200円

【東金堂】
大人:300円
中・高生:200円
小学生:100円

【国宝館・東金堂連帯共通券】
大人:800円
中・高生:600円
小学生:250円

(特別公開は別途)
特別公開・注目の祭・イベント等 2月3日:追儺会(東金堂)
2月15日:涅槃会(本坊)
7月7日:弁財天供(三重塔 年1回の特別開扉)
10月17日:大般若経転読会(年1回の南円堂特別開扉)
御朱印情報
  • 西国三十三所 第九番 南円堂
  • 一言観音
  • 北円堂
  • 世界遺産 今興福力
  • 中金堂
  • 西国薬師 第四番 東金堂
  • 国宝館 千手観音
公式サイト http://www.kohfukuji.com/

周辺のホットペッパー・クーポンが使えるお店

Napoli's PIZZA & CAFFE ナポリス 奈良三条通り店

  • 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:30~22:30 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
  • 定休日:なし
  • 近鉄奈良駅より徒歩3分/奈良駅より徒歩5分

【女子会】2480円(税抜) 【超安価格】1500円(税抜)

Napoli's PIZZA & CAFFE ナポリス 奈良三条通り店のクーポン(PC)

Napoli's PIZZA & CAFFE ナポリス 奈良三条通り店のクーポン(スマホ)

カフェ エトランジェ・ナラッド CAFE ETRANGER NARAD

  • 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~15:00 (料理L.O. 15:00 ドリンクL.O. 15:00)17:00~22:00 (料理L.O. 22:00 ドリンクL.O. 22:00)
  • 定休日:なし
  • 奈良市観光センター「ナラニクル」内 ★近鉄奈良駅から徒歩約7分/JR奈良駅から徒歩約10分

奈良の地野菜を堪能。 テラス席でゆったり

カフェ エトランジェ・ナラッド CAFE ETRANGER NARADのクーポン(PC)

カフェ エトランジェ・ナラッド CAFE ETRANGER NARADのクーポン(スマホ)

ホットペッパー Webサービス
【画像提供:ホットペッパー グルメ】

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ