超重要なのに見逃しやすい!伊勢神宮(内宮)に行ったら必ず参拝しておきたい場所

皇大神宮 鳥居

久々に伊勢神宮(内宮)を参拝しました!
以前訪れたのは2012年の3月1日。

以前訪れた時の記事はこちら⇒皇大神宮(伊勢神宮 内宮)を参拝しました!

式年遷宮が行われてから初の参拝です。

前から遷宮後の参拝をしたいと思っていたのですが、なかなか機会がなかったんですよね。
今回やっと胸のつっかえが取れた感じです^^

内宮、遷宮する前からピリッとした新鮮な空気が流れているので気持ち良いのですが、遷宮後は社殿などが全て新品になって、よりパワーを貰えた気分になりました。

そして実は、内宮には参拝の順序というか、御正宮以外に参拝しておきたい場所があります。

ついにリベンジ!絶対に参拝しておきたい場所

重要なのに見逃しがちな参拝場所は3つあります。

天照大御神にお取り次ぎする滝祭神

滝祭神

1つ目は滝祭神(たきまつりのかみ)
場所は、手水舎を越えて鳥居をくぐり、五十鈴川の御手洗場の近くにあります。

ついメインの参道まで戻ってしまいがちですが、戻る時に右手側に道が見えますので、そこを少し行くと滝祭神が祀られています。

滝祭神

伊勢神宮には「別宮」と言って、本殿以外で重要とされる社殿がありますが、滝祭神は別宮指定されていないのに同等扱いされているほど重要な神様。
そして、内宮の神域に入ったら一番最初に参拝しておきたい神様です。

なぜなら実は滝祭神は内宮の主祭神天照大御神に要件を取り次いでくれる神様なんです!

地元では「取り次ぎさん」「とっつきさん」と呼ばれているそうなんですよね^^
なので正宮参拝前にここで、

「○○から来た○○です。参拝に参りました。」

という風に、名前と住所、そして参拝に来たということを伝えておきます。

内宮の第一別宮、荒祭宮

滝祭神を参拝したら、メインの参道に戻って御正宮を参拝します。

内宮の御正宮では通常、個人的なお願い事をする場所ではないと言われています。
ただただ、感謝をするのみです。

個人的なお願い事をするのは、絶対に参拝しておきたい場所の2つ目、御正宮の次に高い格式があるとされている荒祭宮(あらまつりのみや)です。

伊勢神宮 荒祭宮

場所は、御正宮の裏の方です。
途中、御稲御倉(みしねのみくら)外弊殿(げへいでん)という高床式の建物のある道を行くとたどり着きます。

荒祭宮 場所

ここでは天照皇大御神の荒御魂(あらみたま)が祀られています。

神道の霊魂に対する考え方に「荒魂」や「和魂」があるのですが、簡単にいうとそれぞれが神様の性格的な一面のことです。

「荒魂」「和魂」についてはこちら⇒三輪山を訪ねる前に読んでおきたい本

「荒魂」は神様の荒々しい一面のことで、ものすごいパワーを持っています。
新しいものを生み出す創造のエネルギーはここから発生しますし、逆に荒々しすぎて天変地異や人智を越えた出来事もここから発生します。

悪い面でも働くので怖いところもありますが、とにかく何かに向かうための新しいエネルギーはここから発生しますので、個人的なお願い事はここでお願いするのだそうです。
ぜひ、失礼のないように参拝しておきましょう^^;

荒祭宮は、参道を真っすぐ行くだけではたどり着けませんので、気をつけたいところですね。

神風を吹かす神様、風日祈宮

風日祈宮

最後、3つ目は、別宮にもなっている風日祈宮(かざひのみのみや)です。

場所は、メイン参道から右にそれたところにあります。
地図で見ると、隠れステージみたいになっている感じですね^^

風日祈宮 場所

ここは、存在を知らずに参道を歩いていると気づきにくいです。
なぜなら、風日祈宮に向かう道は、授与所の向かいにありますし、授与所に気をとられてしまうんです。
お守りやお札を売っていますので、ついそちらを見てしまいますよね^^

さらに、道の入口がすこしだけ下り階段になっていてますので、道になっているのに気づきにくいというのもあると思います。

なのでまずは授与所に注意ですね^^

風日祈宮 入口

道を進むと、内宮入口にある宇治橋に似た「五十鈴川御橋」がありますので、そこを渡ると風日祈宮にたどり着きます。
また、わかりにくい場合は。滝祭神のところからも五十鈴川御橋の手前に行ける道がありますので、そちらから行っても良いかもしれません。

風日祈宮は、雨風を司る神、級長津彦命と級長戸辺命が祀られています。

この神様は、雨風の災害を避け、五穀豊穣を願うために祀られている神様です。
元々は末社だったのですが、鎌倉時代のある出来事の功績で別宮にまで昇格しています。

それは、2度にわたる蒙古襲来の事件(元寇)。
その時に神風を吹かせて、10万ほどもいたという敵軍を壊滅させたのだそうです。

そんな神風の神様ですが、橋から先はパワースポットとしても有名です。
内宮屈指のパワースポットとも言われているので、ぜひ参拝しておきましょう。

御朱印

内宮で頂いた御朱印です。

伊勢神宮 御朱印

ものすごくシンプルですね^^

内宮にはオリジナルの御朱印帳があります。

伊勢神宮 御朱印帳

写真では見えにくいですが、「第六十二回 神宮式年遷宮」と書かれています。
伊勢神宮関係の神社はこの内宮の御朱印帳で・・・という頂き方も良いかもしれない、と思いました^^

御朱印帳は、参道にある授与所ではなく、参拝者の休憩所として使われている参集殿で販売されています。
お札やお守りもこちらでも販売されています。


伊勢神宮の内宮は、2012年3月より駐車場が有料化されています。

基本的に

  • 最初の1時間まで無料
  • 1時間~2時間まで500円
  • 2時間以降 30分毎に100円加算

という感じですが、夜間(午後5時~翌7時)だと安くなりますし、お正月など特別な日は臨時駐車場が開設されます。

リアルタイムの情報はこちらをチェックしてみてください。⇒らくらく伊勢もうで 駐車場案内

神宮のアクセス情報

正式名称 神宮
別称
  • 伊勢神宮
  • 皇大神宮
  • 内宮
  • お伊勢さん
TEL 0596-24-1111
住所 三重県伊勢市宇治館町1
開門時間 1月~4月:午前5時~午後6時
5月~8月:午前5時~午後7時
9月:午前5時~午後6時
10月~12月:午前5時~午後5時

電車・バス 近鉄 宇治山田駅からバス15分
伊勢自動車道 伊勢インターまたは伊勢西インターより5分
駐車場
  • 最初の1時間まで無料
  • 1時間~2時間まで500円
  • 2時間以降 30分毎に100円加算
拝観料 無料
公式サイト http://www.isejingu.or.jp/

近くのスポット

周辺のホットペッパー・クーポンが使えるお店

インド食堂FULLBARI

  • 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 11:00~14:30 (料理L.O. 14:00 ドリンクL.O. 14:00)17:00~22:30 (料理L.O. 21:30 ドリンクL.O. 21:30)
  • 定休日:不定休
  • 近鉄線五十鈴川駅より徒歩6分。近鉄線五十鈴川駅を出て左折、御幸道路県道37号線沿い。

大人気のチーズナン お得な日替わりカレー

インド食堂FULLBARIのクーポン(PC)

インド食堂FULLBARIのクーポン(スマホ)

鈴木水産 おはらい街 場外市場店

  • 営業時間:月、火、木~日、祝日、祝前日: 11:00~17:00
  • 定休日:
  • 近鉄五十鈴川駅から徒歩20分。駅東側の県道12号線を伊勢神宮方面へ南下し、内宮のおかげ横丁の手前です。

新鮮な浜焼きが食べれる! 伊勢うどんも食べられる!

鈴木水産 おはらい街 場外市場店のクーポン(PC)

鈴木水産 おはらい街 場外市場店のクーポン(スマホ)

ホットペッパー Webサービス
【画像提供:ホットペッパー グルメ】

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ