• 浄瑠璃寺 三重塔
  • 浄瑠璃寺 池
  • 浄瑠璃寺 本堂
  • 浄瑠璃寺 九体阿弥陀

末法思想が流行った平安中期の藤原時代頃、阿弥陀仏を9体並べた九体阿弥陀堂が多数建立されました。
浄瑠璃寺は、藤原時代に作られた九体阿弥陀堂を唯一残す貴重な寺院です。

境内には、東には東方浄土の薬師如来を安置する三重塔(国宝)、西には西方浄土の阿弥陀如来を安置する本堂(国宝)が、中心には大きな池があり、この形が浄土式庭園になっています。

これが仏教の中の極楽浄土の世界を表していて、その世界観をあらかじめ知っておくと、より浄土思想の世界観を感じることができます。(後述)

九体阿弥陀如来坐像の修理について

九体阿弥陀堂に祀られている九体阿弥陀仏は、2018年7月から2体ずつ修理を行っています。
九体阿弥陀堂内部の拝観はできますが、仏像修理の完了は5年の予定とのことですので、ご注意ください。

浄瑠璃寺の拝観情報

  • 住所:木津川市加茂町小札場40
  • 電話番号:0774-76-2390
  • 参拝時間:9:00~17:00(12月~2月は10:00~16:00)
  • 拝観料:400円(本堂のみ。境内は無料)
  • 駐車場
    • 普通車(30台):300円
    • マイクロバス・大型車:1,500円
  • 駐車場のマップコード:502 150 608*53
  • 公式サイト:なし

浄瑠璃寺へのアクセス

浄瑠璃寺は京都府木津川市にあります。

よく、奈良県にあると勘違いされるのですが、京都市より奈良市の方が近いので、奈良観光の中によく入れられます。
JR奈良駅や近鉄奈良駅からバスで行くこともできますよ。

最寄りの駅はJR大和路線「加茂駅」なのですが、そこからもバスが出ています。
ただ、最寄といっても徒歩で行こうとすると1時間以上かかります。

なので、訪問するには車かバスが良いでしょう。

車でアクセス:京奈和自動車道「木津IC」より

京奈和自動車道「木津IC」からは車で約15分です。

京奈和自動車道は現在建設中の高速道路で、部分的に開通しています。
木津ICへは、現在のところ北は城陽JCTから新名神高速道路、そこから第二京阪道路に繋がっていて、南側はまだ繋がっていません。

なので、木津ICまでアクセスしやすい方はまだ少ないかもしれないですね。
現在のところは、第二京阪道路を利用する方は木津ICまで行くことができます。

京奈和自動車道が完成すれば、北は名古屋・京都方面から、南は大阪・和歌山方面からもアクセスできるようになり、木津ICが最寄のICとなります。
最新情報は奈良国道事務所のHPをご覧ください。

車でアクセス:西名阪自動車道「郡山IC」より

西名阪自動車道「郡山IC」からは車で約30分です。

南大阪方面からは、現在こちらが最寄のICとなっています。

車でアクセス:第二阪奈有料道路「宝来IC」より

第二阪奈有料道路「宝来IC」からは車で約25分です。

大阪市内からはこちらが近いです。

バスでアクセス:「加茂駅」より

「加茂駅」(東口)の2番のりばからでている木津川市コミュニティバスの当尾線「岩船寺・浄瑠璃寺・加茂山の家」行きに乗り約22分、「浄瑠璃寺前」下車、徒歩3分です。
運賃は400円(片道)。
バスは1時間に1本しかありません。

最新の時刻表は木津川市の公式サイトで、当尾線(岩船寺・浄瑠璃寺方面)のところをご覧ください。

バスでアクセス:「JR奈良駅」「近鉄奈良駅」より

JR奈良駅は西口の15番のりばから、「近鉄奈良駅」は13番のりばから出ている、奈良交通バスの112系統 急行バス「浄瑠璃寺」行きにのります。
JR奈良駅からは26分、近鉄奈良駅からは23分、終点の「浄瑠璃寺」で下車、徒歩3分です。

料金は大人570円(片道)。

奈良交通路線バスには、1日フリー乗車券「奈良公園・西の京 世界遺産 1 Day Pass」があって、大人500円(小児250円)で販売されています。
奈良駅から浄瑠璃寺に行くなら、こちらを購入するとお得です。
ICカードは、PiTaPa・ICOCA・CI-CAが利用できます。

ただし、こちらも1時間に1本と少ないので、お気をつけ下さい。

浄瑠璃寺の秘仏公開情報

浄瑠璃寺には3体の秘仏があります。
吉祥天女像、薬師如来像、大日如来像の3体です。

吉祥天女像(九体阿弥陀堂)

浄瑠璃寺の吉祥天女像は、絶世の美女と名高い像です。
九体阿弥陀堂内に置かれている厨子に入っておられますが、普段は厨子の扉が閉じられています。

御開帳日は以下のようになっています。

  • 正月:1月1日~ 1月15日
  • 春季:3月21日~ 5月20日
  • 秋季:10月 1日~11月30日

鎌倉時代のもので、保存状態がよく、着物に彩色が残っているんです。

本尊は写真撮影NGなのでここで紹介できませんが、浄瑠璃寺の吉祥天女像を模したフィギュアが通販で販売されています。

吉祥天女像 フィギュア吉祥天女像 フィギュア
(写真:仏像フィギュアの【イSム(いすむ)】より)

左が現存のものを模したもの、右は原型である極彩色におこしたものです。
本物はもう少しくすみ感、色落ち感がありますが、このフィギュア、よく出来ています^^

吉祥天は、毘沙門天の奥さんとも言われていて、繁栄と幸運の功徳を与える縁起の良い女神様です。
ぜひ本物を拝んでいただきたいです^^

薬師如来坐像(三重塔)

浄瑠璃寺は阿弥陀信仰で有名になっていますが、創建時の本尊は薬師如来でした。
秘仏となっている薬師如来坐像は三重塔内に安置されていて、この像が浄瑠璃寺創建時の本尊と考えられています。

御開帳日は以下のようになっています。

  • 毎月8日
  • 彼岸の中日(春分の日、秋分の日)
  • 正月三ヶ日

ただし好天に限ります。

こちらも普段は扉が閉じられているのですが、御開帳日にはこのように扉が開いています。

浄瑠璃寺 薬師如来

秘仏なので写真撮影は禁止。
斜めから扉が開いている様子だけ撮影しました。

大日如来像(灌頂堂)

浄瑠璃寺 大日如来

本坊の一角にある灌頂堂に安置されています。
像高約60センチと小さな像ながら、気品のある仏像です。

御開帳日は

  • 1月8日、9日、10日の3日間

です。


この3つの仏像、トリプルで拝観できる日はたった1日だけ。
それは、1月8日です。

大日如来の御開帳が年に3日しかないので、この日になってしまうんですね。
なので、トリプルで見たい場合は、1月8日を狙っていきましょう^^

吉祥天女と薬師如来、ダブルで拝観できる日は、もう何日かあります。

  • 4月8日
  • 5月8日
  • 10月8日
  • 11月8日

です。
それでも少ないですね。

浄瑠璃寺をより楽しむために知っておきたい情報

浄瑠璃寺は、浄土の世界を表現したお寺です。
なので、浄土の世界観をちょっとだけでも知っていると、より深い体験が得られます。

また、浄瑠璃寺には推奨されている参拝順序もあります。
まずはこちらで予備知識を入れておきましょう。

浄瑠璃寺周辺は「当尾(とうの)の里」と言われていて、石仏があちらこちらに祀られている場所があります。

時間に余裕のある方は石仏巡りのハイキングコースを楽しんでみてください。