檜原神社

大神神社の摂社になっている檜原神社(ひばらじんじゃ)を参拝しました。

大神神社は境内が広く、ご利益が明確な摂末社がいくつかあるので、ご利益を巡りながら参拝する人が多いです。
三輪山の登拝口となっている狭井神社までは行かれるのではないでしょうか?

今回紹介する檜原神社は、狭井神社からさらに徒歩約20分ほどのところにある、知る人ぞ知るパワースポットです。

境内は綺麗に整えられていて、自然の音しか聞こえないほど静かで、凛とした空気を感じます。
大神神社から離れていて行きにくいので参拝者も少なく、穴場の神社です。

檜原神社の由緒

檜原神社は、日本書紀に登場する由緒ある神社です。
伊勢神宮で祀られている神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)を初めて宮中の外で祀った神社として知られています。

天照大御神は、今でこそ伊勢神宮で祀られていますが、元々は宮中で倭大国魂神(やまとおおくにたまのかみ)という神様と一緒に祀られていました。

それが、崇神天皇の時代に天照大御神の祀る場所を変えることになったんですね。
そして最初に祀ることになったのが、現在檜原神社となっている倭笠縫邑(やまとかさぬいのむら)です。

日本書紀にはこう書かれています。

崇神天皇の時代、国内に疫病がはやり、国民の大半が亡くなってしまい、人心は荒廃して国を治めることが難しくなってしまいました。
天皇は朝夕、天神地祇(てんじんちぎ)に祈られました。

それまで天照大御神(あまてらすおおみかみ)倭大国魂(やまとおおくにたま)の二柱の神を皇居の中にお祀りしてきましたが、天皇はその神の勢いを畏れて、ともに住むことは安らかではないと思われました。

それゆえ、天照大御神については、豊鍬入姫命(とよすきいりひめのみこと)に託して倭の笠縫邑(かさぬいのむら)に祀らせました。

また、倭大国魂神については渟名城入姫命(ぬなきいりひめのみこと)に託して祀らせました。

ここに書かれている「笠縫邑」のあった場所が、檜原神社とされています。
実は、倭笠縫邑があった場所とされるところは、檜原神社以外にも数か所あるのですが、檜原神社はその中でも最有力候補で、ほぼ断定されているのだとか。
(ちなみに、倭大国魂神が祀られた場所は、檜原神社から少し北の方にある大和神社(おおやまとじんじゃ)です。)

崇神天皇の次、垂仁天皇の時代になると、天照大御神にお仕えする役目が倭姫命(やまとひめのみこと)にバトンタッチされます。
倭姫命は、天照大御神がお鎮まりになるためのよりふさわしい場所を探して各地を転々とし、最終的に現在の伊勢の地に決めました。
それが現在の伊勢神宮です。

檜原神社は、伊勢神宮ができる前に天照大御神が祀られていた場所なので「元伊勢(もといせ)」と呼ばれています。

倭姫命は各地を転々としながら天照大御神を祀ったので、元伊勢は他の場所にもあります。
檜原神社は、元伊勢の第一号です。

檜原神社へのアクセス

檜原神社への行き方は、大神神社から徒歩で行く場合と、車で行く場合でルートが異なります。
大神神社から徒歩で行く場合は20分以上かかります。

檜原神社には無料駐車場があるので、車で行くと楽なのですが、細い道を通ることになります。
運転に自信のない方は、大神神社から歩いて行った方が良いかもしれません。

大神神社から徒歩で行く場合

徒歩の場合は、大神神社の境内にある摂社、狭井神社(さいじんじゃ)から出発します。
上の地図では玄賓庵までの道になっていますが、玄賓庵を過ぎて道なりに少しだけ進んだところに檜原神社があります。
(グーグルマップやヤフー地図では、この先の道は認識されませんでした。)

人しか通れない道を行くことになりますが、まずは玄賓庵を目指してください。

出発地点は、狭井神社の鳥居のすぐ横にある道。

檜原神社へのアクセス

出発地点には、「この先、桧原神社(元伊勢)徒歩約20分」と書かれている看板があります。

この道は、奈良と桜井を結ぶ古道「山辺の道」です。

このような、人しか通れない道を進みます。

山辺の道

道沿いには、おしゃれなカフェもあります。

花森

もう少し行くと、蓮がたくさんの光景も見られます。

山辺の道 蓮

そしてこちらが玄賓庵。

玄賓庵

玄賓庵を通り過ぎ、そのまま道なりに行くと、檜原神社に到着します。

檜原神社 鳥居

檜原神社は、鳥居越しに見える二上山も有名です。
二上山は檜原神社の真西にあるのですが、春分・秋分の日には、雄岳と雌岳の間に夕日が沈みます。

その光景がきれいなのだそうです。

ただ、夕日を見に檜原神社へ行く場合は、車で行った方が良いかもしれません。

大神神社の駐車場は16時に閉まっちゃうんです><
(二の鳥居前あたりだと大丈夫かもしれません。)

車で行く場合

檜原神社の駐車場は無料です。
入り口の鳥居まで100mくらいのところにあります。

グーグルマップやヤフー地図でルート検索すると、最短距離で案内されるのですが、そのルートは狭い道と曲がり角が多いです。
上のルートで行くとわかりやすいですし、細い道も比較的少しで済みます。

説明すると、まずは大神神社の大鳥居から右折。
国道169号線を天理方面へ向かいます。

次に、巻野内交差点を右折して県道50号線に入り、直進します。
すると、桧原神社の看板がありますので、その看板から右に曲がり、直進すると到着します。

駐車場は、檜原神社の正面鳥居から右に曲がり、休憩処を過ぎたところにあります。

独特の形式の三ツ鳥居

檜原神社 三ツ鳥居

檜原神社の注目ポイントの一つは、こちらの三ツ鳥居。
正式名称は「三輪鳥居」といいます。

その名の通り、大神神社の三ツ鳥居が本家本元なのですが、本家の三ツ鳥居は大神神社の拝殿の後ろにあって、参拝者は見ることができません。
(拝観は参集殿で申し込みが必要です)

大神神社の御神体は、三輪山そのものなので、本殿がなく、参拝者は拝殿の前で参拝するのです。
その拝殿と、三輪山の間を仕切るように置いてあるのが三ツ鳥居です。

それが檜原神社ではすぐ見ることができます。
貴重ですね^^

なぜこのような形になっているのかはわかっていません。

三ツ鳥居の向こうには神籬(ひもろぎ)(神様が宿る木)があります。
そこに祀られている神様は、

  • 天照大神若御魂神(あまてらすおおみかみのわかみたまのかみ)
  • 伊弉諾命(いざなぎのみこと)
  • 伊弉冊命(いざなみのみこと)

です。
伊勢神宮の天照大神と、その親神様ですね。

三ツ鳥居の横には、天照大神に奉仕した豊鍬入姫命を祀る宮があります。

豊鍬入姫

豊鍬入姫宮は、昭和61年に創祀された新しい社です。
豊鍬入姫は、第10代崇神天皇の皇女で、天照大御神に専属でお仕えすることを崇神天皇に命じられて、ここで奉仕していました。

後に「斎王」といって、天皇の代ごとに天照大御神に専属でお仕えする皇女を選ぶ「斎王制度」ができるのですが、豊鍬入姫はその第一号なのです。

鳥居越しに見える二上山にも注目

檜原神社 二上山

雄岳と雌岳が寄り添って並ぶ二上山は、奈良盆地の西側にある山です。
古くから聖なる山とされてきた山ですが、その山がここから鳥居越しに見えるんです!

檜原神社 二上山

檜原神社の参道は西から伸びているのですが、ちょうどその真西に二上山があるわけです。

そして、春分・秋分の日には、夕日が二上山の雄岳と雌岳の間に沈んでいきます。
まるで狙ったかのような位置づけですね。

境内にはこんなポスターがありました。

檜原神社 夕日

やはり夕日が一番きれいですね。

普段の夕日でもきれいですので、春分・秋分の日は、たくさんのカメラマンが訪れ、場所取りも必要なほど人気なのだそうです。

檜原神社の参道を下ったところにある井寺池にも注目。
場所はこちら。

井寺池 地図

二つに分かれた池ですが、池を分けている真ん中の道に行くと、奈良盆地から二上山まで見渡せるポイントになっています。

井寺池 景色

右側には奈良盆地の街並みが広がります。
池の向こうにあるこんもりとした丘は卑弥呼の墓ともいわれ注目されている箸墓古墳です。
一番奥に見えるのは二上山、そして葛城山系の山々です。

高さがないので見下ろすような景色ではありませんが、昔からほぼ変わらない風景が見られて、ロマンを感じますね^^

御朱印

檜原神社の御朱印は2種類あります。

まずは、「檜原神社」の印が入った御朱印です。

檜原神社 御朱印

天照大御神に奉仕した、豊鍬入姫命の御朱印です。

豊鍬入姫 御朱印

檜原神社の社務所には、大神神社の御朱印帳も販売されていました。

檜原神社 御朱印帳

お値段は2,000円。
ちょっと高めですね。