どら焼き 亥ノメ

北野天満宮の近くにあるどら焼き専門店「亥ノメ」に行ってみました。
京都には和菓子のお店はたくさんあるのですが、どら焼きの専門店はありそうでないんですよね。

2018年9月にオープンした新しいお店で、ご主人は桂にある和菓子の名店「中村軒」で修行されたとのこと。
中村軒といえば、昔ながらのかまどを使ってじっくり炊き上げる粒餡に定評がありますので、これは期待できますね^^

カウンター席5席のイートインスペースもあるのですが、時間帯が合わなかったので、今回はお持ち帰りにしました。

どら焼きの種類は6種類。

亥ノメ どら焼き

あずき、抹茶、くるみ、黒糖、さつまいも、黒糖チーズ(季節限定)

です。
今回は、あずき、抹茶、さつまいも、黒糖チーズを購入してみました。

亥ノメのどら焼き

大きさも色もそれぞれ違いますね。
さつまいもだけ結構太め♪
お得感がありました^^

切ってみるとこんな感じ。

亥ノメのどら焼き

餡がぎっしり、皮はふっくら♪

純粋に餡の美味しさを味わうなら、やっぱり「あずき」ですね^^
食べてみるとあっさりしていてなめらか。
単に甘いだけでなく、あずきの風味が活かされた素朴な味わいです♪

「抹茶」は、小豆と比べて濃い色の皮になっていますが、それは生地の中に抹茶が練りこまれているからでしょうね。
宇治の手摘みの茶葉を使用していて、香ばしい抹茶の香りが口の中に広がります。

亥ノメのどら焼きの皮は、一枚一枚を手焼きで丁寧に焼いていて、皮は餡に合わせて生地の素材や配合を変えているそうです。
だから「抹茶」には抹茶を、「黒糖」には黒糖が練りこまれているんでしょうね^^

「黒糖チーズ」は他にはない珍しい味。
クリームチーズのコクがあって、これは美味しいと思う人は多いはず^^
どら焼きの進化系を見た気がしました。

「さつまいも」は具が大きくて一番ふっくら♪
無農薬の安納芋を使っていて、芋の甘みが前面にでていました。
季節ものはやっぱりその季節に食べると美味しいですね^^


「亥ノメ」では、12時から15時半まで、店内でイートインができます。
できればイートインをしたかったのですが、今回は時間が合わず、できませんでした。

持ち帰りとイートインの違いは、

  • 焼きたてのどら焼きが食べられる
  • トッピングができる

ということです。

トッピングは、有塩バター、無塩バター、チーズ、生クリーム、ラムレーズンから選べます。

ドリンクも、和紅茶、ほうじ茶、コーヒーがあるのですが、どら焼きに合うようにブランドをチョイスしているとのこと。

持ち帰りでも十分に美味しいのですが、亥ノメのどら焼きを最大限に味わうためにも、次回はぜひイートインしたいと思います^^