槇尾寺 施福寺

大阪府和泉市にある施福寺(せふくじ)は、標高約600mの槇尾山の山腹、530mほどのところにあるお寺です。

西国三十三所観音霊場の第四番札所になっていて、若き頃の空海が剃髪・得度(出家する儀式のこと)したお寺でもあります。

施福寺の本堂までは駐車場から約1km、片道30~40分の山道を上ります。
西国巡礼第十一番札所の上醍醐 准胝堂と一、二位を争うほどの難所となっています。

「難所」ということで躊躇する方もいらっしゃるかと思いますが(私もその一人でした^^;)、シニアの方がたくさん登っていらっしゃったので負けていられません^^;

本格的な山登りの格好までする必要はありませんが、それでもウォーキングシューズやスニーカーなど歩きやすい靴で来た方が良いですね。

施福寺のご本尊は秘仏で、毎年5月1日~15日に御開帳されます。

2016年から5年間は西国三十三所草創1300年を記念して、各札所では秘仏の御開帳や寺宝公開などがスケジューリングされています。
内容は年に1回更新されますので、詳しく知りたい方は西国三十三所草創1300年記念特設サイトをチェックしてみてください。

2016年の施福寺は2016年3月26日~5月5日まで特別拝観期間ということで、これを機に行ってみました。

施福寺までのアクセス・駐車場情報など

施福寺は山の中にあるため、非常にアクセスが悪いです><

私は富田林・河内長野方面から国道170号線を車で南下して行ったのですが、途中で府道61号線に曲がってしまい、間違えてしまいました^^;
ナビがそちらから行こうとするんですよね~。

途中で凸凹道になり、ここからは施福寺には行けない旨が書かれた看板を発見して引き返しました。

正しくは、国道170号線から府道228号線に入り、真っすぐ行きます。
古いカーナビなら、槇尾会館に設定した方が良いかもしれません。

槇尾会館を少し過ぎたところに、施福寺の駐車場があります。

施福寺 駐車場

駐車料金は無料です。
何台停められるのかはわかりませんが、西国三十三所巡礼の公式サイトの紹介によると、100台停められるようです。
私もすぐ停められました。

道さえ間違えなければ大丈夫ですね^^

バスで行く場合も、駐車場のすぐ近くに到着します。
泉北高速鉄道「和泉中央」駅から南海バス「槙尾山口行き」または「父鬼行き」に乗車、「槙尾中学校前」で降ります。
そこからオレンジバスに乗り換え、「槇尾山」で降ります。

乗り換えがあったりしてちょっと面倒ですね^^;
乗り換えのタイミング等もあると思いますので、リンク先の時刻表を確認してみてください。

ちなみに、オレンジバスに乗らずに「槙尾山口」から歩く、という手もあります。

ただ、「槙尾山口」のバス停は、国道170号線から府道228号線に入ったところにありますので、ここから歩くにはかなりの距離です。
「槇尾山」のバス停に着くまで、30分ほどかかるのではないか?という感じです。

施福寺の歴史 役小角も修行した山岳修験の古刹

施福寺の開創については、実はあまりにも古すぎてはっきりしていません。

寺伝では、仏教伝来から間もない欽明天皇の時代(539年~571年くらい)、天皇の命を受けて播磨の僧、行満上人が弥勒菩薩を本尊として創建したと伝わっています。

それを、奈良時代の高僧、行基の高弟である法海上人が発展させたのが施福寺です。

施福寺が栄えた理由に、こんな伝説が残っています。

ある時、法海上人の糞を舐めた鹿が身ごもり、女の子を産みました。
その女の子がたいへん美しかったので、時の権力者、藤原不比等がみそめ、それがきっかけで、仏法を広めるために槇尾山に堂塔を整備しました。

あくまで伝説ですね^^
ただ、施福寺は山深いところにありますので、山岳修験のお寺として栄えたようで、かつては808の僧坊、3,000人の僧衆が住んでいたそうです。

修験道のお寺ですから、役小角(えんのおづぬ)の伝説も残っています。

役小角は「修験道の祖」とされる人物。
空を飛んだり、鬼を使ったりといった、天狗のような伝説が伝わる人物です。

施福寺には、役小角が法華経を奉納したという逸話が残っています。
そこに施福寺の山号でもある「槇尾山」の名前の由来があるのです。

役小角は、法華経全28章を書写しました。
かつて法華経は、8部の巻物に分けて書写するのが一般的で、役小角は8つの霊場に一巻ずつ納めたのです。

その巻尾(8巻目)を納めたのがこの山で、「巻尾山」となり、現在の山号でもある「槇尾山」となったそうです。

施福寺はこのような伝説が残るお寺ですが、その勢力は戦国時代には織田信長にも恐れられるほどになっていたようです。
それで信長は天正九年(1581)に焼き打ちをします。

後に豊臣秀頼によって再興されましたが、弘化二年(1845)、今度は山火事で堂塔を失ってしまいます。

現在、堂宇はほとんど残っておらず、かつての栄華は感じられませんが、民衆の寄進によってなんとか再建されています。

片道30~40分ちょっときつい登り参道

駐車場の近くには、「槇尾山観光センター」というお店があります。

槇尾山観光センター

山を登るとお店はありませんので、飲み物、食べ物はここで用意しておきましょう。

以前は山上の本堂前に茶店があったそうですが、今はもうありませんし、自販機もありません。
古いガイドブックを参考にしている方は気をつけてください。

ただ、道中の所々にベンチがありますので、疲れたらそこで一休みすることはできます。

駐車場から数十メートル、石碑が見えたら参道のスタートです。

施福寺 参道

最初はゆるやかな坂道。

「観音八丁 登れば足守の馬頭さん」

と書かれています。
この看板の裏には八丁目の石碑。

施福寺 八丁目

ここから先、7丁目・・・6丁目・・・と石碑が登場しますので、0丁目の本堂まで頑張ります。
あとどれくらい登ればよいのかわかるだけでもありがたいですよね^^

参道の横にはきれいな水が流れています。

施福寺 川

水が豊富であったからこそ栄えたのかもしれませんね。

ちょっと坂道がきつくなってきた頃に、楼門が現れました。
ここで六丁目。

施福寺 楼門

楼門の横にはお迎え観音さん。

施福寺 迎え観音

楼門の左右にはシャープな金剛力士像。

施福寺 三田西

施福寺 仁王像 施福寺 仁王像

この楼門は、弘化二年(1845)の山火事で唯一無事だったといいます。
つまり、施福寺で一番古い建築物ということになりますね。

それにしても金剛力士像が、必要な筋肉だけでムダが省かれていて、なかなかかっこいいです^^

楼門から先は広めの石段になりますが、ここで屋根付きの休憩ポイントもあります。

施福寺 楼門

四丁目あたりになってくると、石段の幅が狭くなります。

施福寺 石段

時々、下りの参拝客にも出会います。

施福寺 石段

どこでもそうですが、山道では、人とすれ違うとほとんどの方が挨拶を交わします。
応援してもらっているみたいで気持ちよいです^^

ちなみに、施福寺へ登るこの参道は、参拝客だけでなく、ハイキングを楽しむ人もここを上ります。

というのも、施福寺の境内は金剛生駒国定公園の一部になっていて、槙尾山は、大阪府・奈良県・和歌山県にまたがる総延長45kmの「ダイヤモンド・トレール」という自然歩道の出発点になっているんですね。

このあたりまでくるとちょっときつくなってきますが、30分程度の山道ですからあせらず頑張りすぎずにゆっくり登ると、身体への負担はだいぶ軽減されます。

ちょっと足が疲れた頃に、写真を撮ったり、立ち止まって自然を眺めながら空気を吸ったりしていると、身体が回復する感じがします^^

そして一丁目に到達。

施福寺 1丁目

もう少しで本堂なのですが、その前に、弘法大師が出家して髪を剃り、仏門へ入った場所だという、愛染堂(弘法大師御剃髪所跡)があります。

施福寺 弘法大師御剃髪所跡

実は施福寺には、若き空海が師と仰いでいた奈良・大安寺の僧、勤操大徳が住んでいたんです。
空海に出家を勧め、剃髪したのもこの勤操。

空海に虚空蔵菩薩求聞持法という密教の秘法を授けたり、入唐のきっかけを与えたのも、この勤操の力によるところが大きかったのだそうです。
日本に帰って来てからも、再び施福寺に籠り、真言宗の開宗のために13年間修行をしています。

お堂には愛染明王と勤操大徳、空海の肖像が祀られています。
お堂内を覗いたのですが、中は暗く、愛染明王の掛け軸がなんとか見えるくらいでした。

愛染堂からは今までと違ってきれいに整えられた石段が登場。

施福寺 石段

ちょっと急ですが、この階段を登り切れば本堂に兆着。
見上げるとゴールも見えています。

ゴール直前には、弘法大師御髪堂があります。

施福寺 御髪堂

ここまで来たら、本堂(観音堂)はもう目前。

施福寺 石段

そしてたどり着きました!本堂です。

施福寺 本堂

施福寺 本堂

本堂前はちょっとした広場になっていて、ベンチもありますのでゆっくりできます。
ひとまず休憩できるのはありがたいですね^^

施福寺 広場

山越えに難儀した花山法皇の話

山上まで30分ほどかけて登ってきましたが、山に慣れていないとやっぱり大変です。
それでも今は麓に駐車場がありますし、昔に比べると楽な方ですよね^^;

昔の大変さを物語るのが本堂前に置かれているこの馬の像。

施福寺 馬

西国巡礼の中興の祖といわれている花山法皇が施福寺を訪れる際、馬が道案内をしたという話が残されているのです。

今から千年ほど前、花山法皇は、施福寺に訪れる際に、この山の深さに難儀な思いをされていました。

第三番札所の粉河寺からこの霊場へ山越えしようとしたのですが、その時、道に迷ってしまいました。

昔の人はそのような時、経験のある古い馬に鈴をつけて解き放ったそうで、そうすることで鈴の音と馬の爪跡をたどれば人里にでることができたのだそうです。

法皇の一行もそのようにしたところ、馬に導かれてなんとかこの霊場にたどり着くことができました。

法皇はそのことに感謝し、お寺に馬頭観音を奉納したのだそうです。
その馬頭観音は現在も本堂奥に安置されています。

しかしこの馬頭観音、基本的には50~60年に1回の御開帳となっています。

時々イベントがあれば御開帳されることもあるようですが、御開帳の機会が少ないので、チャンスがあれば拝観しに行きたいですね。

客層に化けた千手観音の伝説

施福寺 千手観音

山を登りきったところで最初に出会うのがこの十一面千手観音。

施福寺で西国観音霊場として信仰されているのは十一面千手千眼観音菩薩です。
本物は、本堂の御本尊、弥勒菩薩の脇侍として安置されています。

施福寺の十一面千手千眼観音菩薩にはある伝説が残されています。

ある時、一人のみすぼらしい修行僧が施福寺にやってきて、宿を求めました。
その客僧は寺の身となって、堂塔の掃除、寺僧の食事の世話を一手に引き受け、夜は不眠で勤行を怠りませんでした。

一夏の安居会が終わって帰る時、その客僧はお寺にわずかな旅費の寄捨をお願いしました。
寺の僧達はそれを激しくののしり、一文も払わず邪険に追い払いました。

客僧は、

「僧にあるまじき行為である!」

と言い捨て、山を降りたのです。

それを知った法海上人は、寺僧たちを叱咤して、客僧を探させました。
行方を突き止め、後を追ったのですが時は既に遅し、客僧は泉大津の浜から海上を歩いて行ってしまったのでした。

実はその客僧は観音様の化身だったのです。

法海上人は施福寺に戻り、寺僧たちを集め、客僧を弔う勤行を続けました。
すると、泉大津の方向に紫雲がたなびき、法海上人はその雲の中に観音様を感得しました。

その時に彫ったとされる観音像は残念ながら焼失しています。
現在の本堂で祀られている十一面千手千眼観音像は、江戸時代に再建された時に彫られたものです。

普段は秘仏で、5月1日~15日に御開帳されます。

和泉を代表する仏像の宝庫!立体曼陀羅の世界が広がる本堂

施福寺 本堂

色々歴史や道のりを紹介しましたが、やっと本堂です^^
施福寺は見るべき諸堂が他にありませんので、ここがメインです。

御開帳期間の本堂には「御本尊公開中」の看板が建てられています。

参道の入り口にも看板がたてられていましたが、そこには、山上には仏の世界が広がっているという旨の内容が書かれていました。

施福寺 仏の世界

本堂拝観料は500円。

お寺の方によると、500円という拝観料に躊躇する方が多いのだそうです。
それは無理もありません。
施福寺はお寺に関する情報が少なく、どういう場所かわかりにくいですからね^^;

もっと情報を発信してくれればいいのに、と思うのですが、拝観できるチャンスがあるなら、ぜひ拝観をオススメします!

「こんなところに、こんなに立派な仏像がたくさん!」と驚きました。
西国三十三所の札所を名乗っているだけはありますよ^^

堂内は撮影禁止ですので、残念ながら写真では紹介できませんが、こちらの御本尊は先に述べたように「弥勒菩薩坐像」です。
丈六の大きな弥勒さんです。

そして脇侍には、向かって左手に西国三十三所の「十一面千手千眼観音立像」、右手に「文殊菩薩立像」がいらっしゃいます。
その三尊の周りには、まだ彩色が残る四天王立像が立っていらっしゃいました。

すぐ目の前に座る事ができるので、弥勒さんの前に座ると、視界は全て仏様の世界になります。
まさに立体曼陀羅ですね^^

そして隣の部屋に移動すると、今度はこれまた丈六の「方違大観音像」がいらっしゃいます。
こういう観音様がいるのは、日本で唯一ここだけなのだとか。

方違(かたちがえ)」というのは、凶と出た方角を悪い方角にしないための対策手段のこと。

例えば、南が凶の方角だった場合、直接南に向かうことを避けるために、いったん別の方角に出かけ(東南など)、ワンクッションおいてから目的地(西)に向かいます。

そうすることで目的地の方角が悪い方角にならないことにするのです。

そういう意味がありますので、この観音様にお願いすれば、方違の効果が得られるのだと思います。

この観音様は大きいだけでなく、ちょっと前方に傾いていますので、目の前に座ると「どうしたんだい?」と聞いてくれているような、不思議な感じがしました^^

弥勒さんの裏側にあたる後堂に移動すると、今度はたくさんの仏像に出会います。

まずは琵琶湖の竹生島から来たという弁財天。
そして不動明王。

この2像を中心に、周りに天部の像が多数安置されています。
両サイドには空海と最澄の像。

真言宗と天台宗、日本における密教の2つの宗派の開祖ですが、この二人の像が同じ部屋に置かれているのも珍しいですね^^

実は施福寺は、空海以来は真言宗のお寺として栄えましたが、織田信長の兵火で焼失、その後徳川家の庇護を受ける際に天台宗に改宗しているんです。

弥勒さんに背を合わせるように、馬頭観音もいらっしゃいました^^

花山法皇の足守という馬頭観音。
この像に願えば、足腰が丈夫になるのだとか。

登り道の参道に、「観音八丁 登れば足守の馬頭さん」と書かれていたのはそういうことだったんですね。

馬頭観音は、菩薩なのに明王のように厳しいお顔をされています。
でもその厳しいお顔の奥に慈悲があるんですね^^

これらの仏像は、それぞれが拝観する価値ありな立派な仏像ばかり。
でもこんなに立派なのに、施福寺は公式サイトもなく、ガイドブックに載る事もほとんどありません。

だから知る人ぞ知るお寺になってしまっているんでしょうね。
非常に勿体ないです^^;

私は特別拝観期間に参拝しましたが、通常、本堂拝観できるのは5月1日~15日のみ。
昔は15日のみだったようですが、今は半月分もチャンスが広がりました。

それでもチャンスは少ないですが、ゴールデンウィークを利用してハイキング気分で登ってみるのも良いですね^^

本堂よりもさらに上!山々が重なる景色を眺められるお稲荷さん

施福寺 稲荷

本堂でお参りしたら下山・・・するところですが、体力に余裕があれば、本堂そばにある手水舎の階段から、まだ上にあがれます。
ほんの数十段ですが、足がガクガクしている方はきついかもしれませんね^^

でもここを登ると、本堂を見下ろせ、金剛山から葛城山にかけての展望が広がります。

施福寺 本堂

施福寺 景色

結構山深いですね^^
花山法皇はこういうところを和歌山方面から巡礼してきたのかと思うと、昔の人はすごかったんだな~と感じさせられます。

そして、お稲荷さんが祀られているというこの高台のお堂は、聞かなければ何が祀られているのかわからない状態のお堂になっています。

施福寺 お稲荷さん

このようなわざわざ高いところに祀っているということは、元々は地主神を鎮守として祀っていたのかもしれませんね。

御朱印

西国三十三ヶ所観音霊場の御朱印です。

施福寺 西国三十三所 御朱印

御詠歌の御朱印です。

施福寺 御詠歌

「深山路や 檜原松原 わけゆけば 巻の尾寺に 駒ぞいさめる」

と書かれています。
花山法皇が道に迷った逸話がそのまま歌になっている感じですね^^

その他、

  • 和泉西国三十三所第1番
  • 西国愛染十七霊場第15番
  • 神仏霊場巡拝の道 第52番

の御朱印もあります。


下山して最初の石碑のすぐ横に「満願滝弁財天」の鳥居があります。

満願滝弁財天

こちらには弁財天が祀られているのですが、水の神様らしく、けっこう落差のある滝があるんです!

満願滝弁財天 滝

細いですが、高さは結構見上げます。
ここには、空海や役行者も祀られていましたので、ここで修行をしたことがあるのかもしれませんね^^