6月30日は夏越の大祓 茅の輪くぐりの由来とは?

茅の輪くぐり

1年のちょうど折り返し地点の6月30日は、夏越なごし大祓おおはらい

大祓は、半年の間に知らず知らずにたまった罪穢れを祓い清めるもので、今回の6月末(夏越)と、12月末(年越)にも行われます。

6月の大祓は、「夏越の大祓」の他に「名越の祓」「水無月の祓」とも呼ばれますが、この日は全国の多くの神社で茅輪ちのわ神事が行われます。
ちがやを束ねて人が通れるほどの大きな「茅の輪」が用意されていて、それをくぐることで、罪穢れを祓い無病息災を祈るんです。

というわけで私は今年、京都の八坂神社で茅の輪くぐりをしてきました♪

茅の輪くぐりの由来

茅の輪くぐりについて、蘇民将来そみんしょうらいという言い伝えがあるので紹介します。

「備後国風土記」に出てくる武塔神むとうのかみという神様の話です。
(武塔神は、八坂神社の主祭神である牛頭天王ごずてんのう、スサノオノミコトと同一神と言われています。)

武塔神が旅をしてある町にたどり着いた時、その町で一番の長者、巨旦将来こたんしょうらいの家に泊めてもらおうとしたところ、

「うちは貧しいから」

と断られてしまいます。

何度頼んでもダメだったので、仕方なく今度はその人の弟である蘇民将来の家を訪ねます。
蘇民の家は兄と違って貧しいのですが、それにもかかわらず親切にしてくれました。

すると武塔神は自分が神であることを明かし、
「疫病が流行したら茅の輪を腰につけておきなさい。そうすれば疫病から免れるだろう」
と教えたのです。

その後しばらくして疫病が流行ると、巨旦の家をはじめたくさんの村人が倒れていく中、茅の輪を付けていた蘇民の家だけは助かりました。
また、子孫の代に疫病が流行しても、茅の輪を付けて

「蘇民将来の子孫です」

と言えば災厄から免れられるとも約束されました。

伝承はここまで。

この伝承から、無病息災を願う家は蘇民将来の子孫であることを示す「蘇民将来乃子孫也」と書かれた護符を、家の玄関の注連縄に取り付けるわけです。
茅の輪くぐりの由来もここから来ています。

茅の輪のくぐり方

茅の輪のくぐり方

茅の輪は6月の中頃から神社の境内に用意され始めます。
無料でくぐれるところがほとんどだと思いますし、必ずしも6月30日の大祓の日に限らず、用意されていればくぐることができます。

くぐり方は図のように、

  1. 一礼して茅の輪をくぐり、左に周る。
  2. 一礼して茅の輪をくぐり、右に周る。
  3. 一礼して茅の輪をくぐり、左に周る。

と、「∞」の字を書くように3回くぐります。

この時、お祓いの言葉も唱えるのですが、それは神社によって教えている言葉が違うようです。

大体、茅の輪の横に説明書きが用意されていますのでそれに従ってみてください。

「祓えたまえ。清めたまえ。」

とシンプルなところもあれば、言葉は特に明記していないところもあります。
八坂神社の場合はちょっと難しく、

  1. 「みなづきの なごしのはらいするひとは 千年ちとせいのち のぶというなり」
  2. おもこと みなつきねとて あさを きりにきりても はらいつるかな
  3. 蘇民将来そみんしょうらい蘇民将来そみんしょうらい。(繰り返し唱える)

と、くぐる度に唱え言葉が変わります^^;
覚えるにはあまりに難しいので、説明書きの前で立ち止まる人がたくさんいました(≧▽≦)

「マイ茅の輪」を作ってみる

茅の輪の両サイドには、茅が用意されています。
これです。

ミニ茅の輪

「これ、自分用の茅の輪を作ってみてね」

という意味らしいです^^
祇園の方にある安井金毘羅宮では見本の茅の輪も用意されていて、ちらっと説明している人がいました。
というわけで私も作ってみました♪

ミニ茅の輪

これといった作り方のきまりはないようですが、最初に小さな輪を作って残りの部分をらせん状にぐるぐるっと回していけば、なんとなく出来ました^^
これを玄関に飾りたいと思います。

「人形」に罪穢れを移して清める

夏越の祓 人形

もう1つ、古くからある大祓の行事があります。

形代かたしろ」や「撫物なでもの」と呼ばれる、紙を人の形に切った人形ひとがたに移し、お祓いするというもの。
上の写真のようなものですね^^

氏子や崇敬者は、麻と紙を小さく切った切麻きりぬさを体に巻いて清め、自分の名前と年齢を書いた人形ひとがたで体の
悪い所を撫で、息を3回吹きかけて人形に罪穢れを移し、後で海や川に流したり、焼いたりするそうです。

これで半年間の罪穢れをお祓いしたことになります。
八坂神社では、茅の輪くぐりの近くに人形も用意されていたので、一緒にすることができました^^

京都では夏越の祓の日に「水無月」を食べる習慣がある

名月堂 水無月

京都では、6月30日、夏越の祓の時に水無月みなづきという和菓子を食べる習慣があります。

上の写真が水無月ですが、下の白い部分は外郎ういろうで、上に小豆が乗っています。

使っている素材や形にもお祓いの意味があって、三角の形と外郎の白は暑気を払うを意味しています。
そして小豆の色は邪気を祓うという魔よけの色なんです。

これは、昔貴族たちの間で6月1日に行われていた「氷の節句」または「氷室の節句」という行事に由来しています。
「氷室」というのは、冬の間にできた氷を夏まで保存するために作った穴蔵のこと。

氷の節句は、氷室に保存した氷を神様に捧げ、口にすることで無病息災を願うという行事です。
水無月の外郎の部分はこの「氷室」を表しています。

エアコンや冷蔵庫のない時代、夏を越えるというのは、今では考えられないほど大変なことでした。
飢饉、猛暑、疫病など、死と隣り合わせでも珍しくなかったんです。

なので1年1年、神様にお願いして夏を乗り切ろうとしていたんですね。
そんな生死に関わる祈りを込めた行事も、今となっては夏の風物詩。

美味しくて涼しげな水無月を食べる日として習慣になっています。

ちなみに上の写真は、京菓子屋『名月堂』さんの水無月です。


茅の輪くぐりは全国の神社で毎年恒例の行事となっているようです。
6月30日、お近くの神社に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ