琵琶湖を見下ろす大寺、天台寺門宗総本山 園城寺(三井寺) 中院編

三井寺 琵琶湖
長等山園城寺おんじょうじは、滋賀県の湖東地方にある、琵琶湖を見下ろす大寺で、一般に三井寺みいでらと呼ばれている天台寺門宗のお寺です。

日本四箇大寺(東大寺・延暦寺・興福寺・園城寺)の1つに数えられています。
上の写真は園城寺の高台から見下ろした景色です。
後ろに広がっているのは琵琶湖です^^

園城寺の創建は、672年に起こった大友皇子と大海人皇子の皇位継承争い「壬申の乱」が深くかかわっています。

7世紀後半、都を大津京に移した天智天皇(中大兄皇子)は、自身の念持仏の弥勒菩薩像を本尊とする寺を建てようとしたのですが、生前に願いは叶いませんでした。

天智天皇の崩御後、その皇子の大友皇子が後を継いで弘文天皇となるのですが、壬申の乱が勃発。
この戦いで弘文天皇は天智天皇の弟、大海人皇子と争って敗れ、大海人皇子が天武天皇となりました。

その際、敗れた弘文天皇の皇子の大友与多王が、父の霊を弔うために自分の田園城邑じょうゆうを寄進、天智天皇の念持仏の弥勒菩薩像を本尊とする寺の建立を発願しました。

天武天皇はそれを許可し、”園城”という勅額を頂いたのが園城寺のきっかけです。

三井寺と呼ばれるようになったのは、境内に天智・天武・持統天皇の産湯に用いられた霊泉があることから「御井みいの寺」と呼ばれ、それが転じて”三井寺”となったんです。

三井寺の発展の基礎を築いたのは延暦寺第5代座主で、天台宗寺門宗の宗祖、智証大師 円珍です。
空海や最澄などと同じく、唐に渡って密教経典を伝えた八人の僧”入唐八家”の一人です。
かなり由緒あるお寺ですね^^

三井寺の境内は北院ほくいん中院なかいん南院なんいんの三院からなり、北院には法明院、中院には金堂、唐院、鐘楼、南院には観音堂などのお堂があります。

境内散策

三井寺 仁王門

三井寺の入口は、長等神社横から観音堂に登るところ、水観寺横から毘沙門堂や観音堂に登るところ、そして駐車場前(釈迦堂のあるところ)の3ヵ所がありますが、パンフレットは駐車場前から番号がふられていますので、初めて行く方は駐車場前から入ると良いと思います。
そこが三井寺の中心である中院の入口になっています。

上の写真は中院の入口の仁王門です。

この仁王門は徳川家康による寄進で、甲賀の常楽寺から移築したもので、重要文化財となっています。

入口で入山の受付を済ませると、すぐあるお堂が「釈迦堂」です。

三井寺 釈迦堂

この釈迦堂は「食堂じきどうとも呼ばれています。
お坊さんが食事をする場所だったわけですね。

かつての京都御所の清涼殿せいりょうでんを移築したものなんだそうです。

清涼殿といえば、天皇が居間として生活していた場所。
釈迦堂は室町時代の建物ですが、ここで天皇が生活していたということは、かなり質素な生活をしていたことが考えられますね。

ここには清涼寺式釈迦如来像が安置されていて、釈迦如来の納経印をここで受けることができます。
仁王門から参道をまっすぐ進むと十字路になっていますが、まっすぐ進んで階段とその上に金堂が見えます。

三井寺 金堂

階段を上って金堂の正面に行くと広場になっているのですが、金堂の脇には近江八景の1つで日本三銘鐘の1つに数えられるほど名高い、「三井の晩鐘」があります。

三井の晩鐘

この鐘は、後で紹介する「弁慶の引摺り鐘」の跡継ぎとして、それにならってほぼ同じ大きさで1602年に作られたもの。
つまり2代目ということですね^^

1代目も有名な伝説があるのですが、2代目も日本の音風景百選に選ばれるほどの実力の持ち主なんです。
重さ2250kg、身高155.2cm、総高208.0cm、口径124.8cmの大きさ。
近くで見ると結構大きいです^^

三井の晩鐘

周りを囲っている建物と合わせて国の重要文化財に指定されています。
そして隣の案内所で冥加料300円を払えば突かせてもらうこともできますよ^^

遠くで誰かが突く音より、自分で突いて近くで響く音がやっぱりすごいです♪
何とも言えません^^

そしてその前にあるのが三井寺の総本堂で、国宝の「金堂」です。
その前に、金堂入口手前のど真ん中に大きな燈籠が置かれています。

三井寺 堂前燈籠

これはただの燈籠ではありません。
「園城寺金堂無名指燈籠」と呼ばれているのですが、この燈籠の台座下には天智天皇の左薬指(無名指)が納められているんです!

大化の改新で蘇我氏一族を成敗し、その罪障消滅のために天智天皇自ら左薬指を切断し、納めたんだそうです。
なぜ切断する必要があったのか?その辺はよくわかりませんが、昔はそういう考え方が重んじられていたんでしょうねぇ。

そしてこちらが国宝の「金堂」。

三井寺 金堂

現在の金堂は豊臣秀吉の正室、”ねね”によって再建されたものです。
三井寺は一時期、秀吉の怒りを買って堂塔を破壊され、寺領を没収されたんですね。

事実上の廃寺です。

しかし霊験あらたかな三井寺を廃寺に追い込んだことでたたりを恐れた秀吉は、死の直前に三井寺の再興を許可したんです。
それで”ねね”が再建したわけですね。

金堂は桃山時代の優れた建築物ということで国宝に指定されています。
ここには天智天皇の念持仏、弥勒菩薩が永久秘仏として祀られています。

さらには、推古天皇、聖武天皇、陽成天皇、藤原鎌足、藤原道長、行基菩薩が奉納した 六躯もの弥勒菩薩が祀られているんです。
まさに弥勒菩薩のためのお堂なんですね。

内部は外陣・中陣・後陣にわかれていて広く、脇からぐるっと回れるようになっていて、さまざまな仏像を安置、それを見学することができます。
神仏霊場の札所でもあって、弥勒菩薩の納経印を受けることが出来ます。

金堂の正面に向かって左側を進むと、閼伽井屋あかいやがあります。
実はここに、園城寺が”三井寺”と呼ばれるようになったルーツがあるんです。

三井寺 閼伽井屋

閼伽井あかいというのは、仏前に供養する水を汲む井戸です。

ここには清水が湧きでていて、智証大師 円珍の頃からこの水を、”三部潅頂”という大事な法儀に使うようになったんです。

そして実はこの水こそ冒頭で述べた、天智・天武・持統天皇の産湯に用いられた、御井みいの霊泉でもあります。

それが智証大師によって三部潅頂に使われるようになったことから、”御井みい“が”三井みい“に転じたわけですね^^

閼伽井屋の中を覗くと、このような磐座があります。

三井寺 閼伽井屋

この泉には九頭一身の龍神が住んでいるらしいです。
昔、この龍が夜な夜な琵琶湖に出て暴れていたため、当時の名匠、左甚五郎ひだりじんごろうが龍の彫刻を作り、目に五寸釘を打って鎮めたとされています。

その彫刻は、閼伽井屋の正面上にあります。

閼伽井屋 龍神

この場所は暗いのでその形がどうなっているのか確認しにくいです。
顔がどこなのかもわかりにくいほどなんですね^^;

なのでカメラで撮って家で確認して、顔が正面にあることはわかったのですが、五寸釘が打たれているのは見受けられませんでした^^;

あとで外したのでしょうか?それとも違う彫刻?^^;
この龍は、年に十日、夜丑の刻に姿を現わすそうで、その日は泉のそばに近づいてはいけないとも言われていたそうです。
閼伽井屋から先に進むと、”弁慶の引摺り鐘”が霊鐘として祀られている「霊鐘堂」があります。

弁慶の引摺り鐘 霊鐘堂

その鐘は奈良時代に作られた鐘で、先ほど紹介した「三井の晩鐘」のところにもともとあった、1代前の鐘です。

平安時代中期の武将、俵籐太たわらのとうたが、琵琶湖の龍神一族に大ムカデの退治をお願いされ、その退治した功として貰った鐘を三井寺に寄進したものなんだとか。

それだけでも伝説と言えますが、さらにその鐘を武蔵坊弁慶が比叡山で引き摺って登ったんですね!
それがこの鐘です。

三井寺 弁慶の引摺り鐘

重さは三井の晩鐘と同じ2250kg、そして口径123.2cm、高さ199.1cmと、かなりの大鐘です。
弁慶が本当に引き摺ったのかどうかはわかりませんが、こんなものを引き摺る人間がいたというのであれば、これまた伝説ですね^^
確かに引き摺った後のようなものはあります。

十世紀後半頃、同じ天台宗である比叡山延暦寺(山門派)と三井寺(寺門派)との間に、天台座主の職や戒壇建立問題に端を発した確執が生まれ、武力衝突へと発展する「山寺両門の争い」がありましたが、伝説によると、山門派であった武蔵坊弁慶が攻め入り、この鐘を奪って比叡山まで引摺りあげていったそうです。

そしてその鐘を撞いてみたところ、「イノー、イノー」(関西弁で帰りたいの意味)と響いたので、

「そんなに三井寺に帰りたいのか!」

と、弁慶はその鐘を谷底に投げ落としたそうです。

そのような言い伝えがありますが、その後この鐘は、三井寺に凶事が迫ったときには、前兆として鐘の表面に汗をかき、撞いても音を出さなかったと言われていて、三井寺を鎮護する「霊鐘」として大切に伝えられてきたそうです。

霊鐘の後ろには、弁慶が鐘を奪い取った時に残していったと伝えられている「弁慶の汁鍋」というものがあります。

三井寺 弁慶の汁鍋

重さ450kg、外口経166.5cm、深さ93cm、口厚11.5cmというこの大鍋、三井寺に来た時に置いていくような気軽に持てるものじゃないですよね^^;
本当にこんな大鍋を所持していたとしたら、弁慶は考えられないくらいの大男なんでしょうね^^;
霊鐘堂では、「三井寺鐘みくじ」というおみくじを引くことができます。

弁慶の引摺り鐘 鐘みくじ

志納金(200円)を払って鐘みくじをもらい、水につけると番号が浮かび上がってくるので、それを受付で運勢の書かれたおみくじと交換するそうです。
霊鐘堂を出てまっすぐ行くと、重要文化財の「一切経蔵」があります。

三井寺 一切経蔵

これは1602年に毛利輝元により、山口県の国清寺より移築・寄進されたものです。
この建物は、仏教の全ての経典、つまり一切経を納める経蔵で、版木の一切経が納められています。
中を見ると、八角形の回転書架があります。

三井寺 一切経蔵

一切経蔵からさらに進むと、唐院とういんというところに着きます。
唐院には、三重塔、潅頂堂、大師堂、長日護摩堂というお堂があります。
柵がされていてお堂の中には入れませんけどね^^

三井寺 三重塔

この場所は智証大師円珍の廟所であり、伝法潅頂という儀式をおこなう場所でもある重要な場所となっています。
三重塔は徳川家康の寄進で、奈良県の比蘇寺にあった塔で、室町初期の建築なんだとか。
それにしても三井寺は他所の寺から移築した建物が多いですね^^

それだけ時の権力者が重宝していたお寺なんだということがわかります。

そして、潅頂堂は密教を伝承する道場、この裏にある大師堂は国宝の智証大師像と、日本三不動の1つでもある重要文化財、”黄不動尊立像”を祀る場所、長日護摩堂は運慶作の不動明王が祀られ、護摩供を修する道場となっています。

唐院を出て南に向かうと、次は南院側に行くことになりますが、その前に「村雲橋」という橋があります。

村雲橋

何も気にせず渡ってしまいそうな橋ですが、実はこんな話があります。
智証大師がこの橋を渡っている時、中国の西安南部にあって大師が入唐の際に学ばれたゆかりの寺、青龍寺が焼けていることを感知されました。

そこで真言を唱えながら、橋から閼伽井の水を撒くと、橋の下から村雲が湧きおこり、中国の方向に飛び去りました。
それから翌年、青龍寺から鎮火のお礼の使者が来たそうです。

以来、この橋を「村雲橋」と呼ぶようになったんですね^^
ちなみに村雲橋の下を覗いてみると・・・

村雲橋の下

何もありませんでした^^;


ここから先に進むと、西国十四番札所の観音堂をはじめ、別所寺院の微妙寺や水観寺があります。
また別記事で紹介します。

続き:琵琶湖を見下ろす大寺、天台寺門宗総本山 園城寺(三井寺) 南院編

長等山園城寺のアクセス情報

正式名称 長等山園城寺
別称 三井寺
TEL 077-522-2238
住所 滋賀県大津市園城寺町246
開門時間 午前8時~午後5時
電車・バス
  • 京阪石山坂本線 三井寺駅より徒歩10分
  • 京阪石山坂本線 別所駅より徒歩12分
  • JR東海道本線(琵琶湖線)大津駅 →京阪バス三井寺下車すぐ
  • JR湖西線大津京駅 →京阪バス三井寺下車すぐ
  • 名神高速道路 大津I.Cより湖岸道路経由約10分
  • 国道1号線より国道161号線経由約10分
駐車場
  • 大型バス:2,000円
  • マイクロバス:1,500円
  • 普通車:500円
拝観料 大人:500円(個人)/450円(団体)
中高生:300円(個人)/250円(団体)
小学生:200円(個人)/150円(団体)
※30名以上は団体扱い。
特別公開・注目の祭・イベント等 微妙寺 十一面観音立像(重要文化財):毎月17日・18日・土日祝日のみご開扉

観音堂 西国三十三所観音霊場・第十四番札所 如意輪観音坐像(重要文化財):三十三年に一度の御開帳

光浄院客殿・勧学院客殿:3名様以上で要事前予約(拝観料:各600円)

唐院大師堂 木造智証大師坐像:毎年10月29日の円珍の命日にのみ開扉

護法善神堂 三井寺千団子祭:5月中頃の土日 鬼子母善神開扉
御朱印情報
  • 釈迦堂:釈迦如来
  • 神仏霊場 第147番(金堂:弥勒菩薩)
  • 西国三十三所観音霊場 第十四番(観音堂:如意輪観世音菩薩)
  • 近江西国観音霊場 第五番(観音堂:如意輪観世音菩薩)
  • びわ湖百八霊場 第六番(観音堂:如意輪観世音菩薩)
  • 湖国十一面観音霊場 第一番(微妙寺:十一面観音立像)
  • 西国薬師霊場 第四十八番(水観寺:薬師如来)
公式サイト http://www.shiga-miidera.or.jp/

周辺のホットペッパー・クーポンが使えるお店

魚民 滋賀 大津北口駅前店

  • 営業時間:月~木: 11:30~翌3:00 (料理L.O. 翌2:30 ドリンクL.O. 翌2:30)金: 11:30~翌5:00 (料理L.O. 翌4:30 ドリンクL.O. 翌4:30)土、祝前日: 17:00~翌5:00 (料理L.O. 翌4:30 ドリンクL.O. 翌4:30)日、祝日: 17:00~翌3:00 (料理L.O. 翌2:30 ドリンクL.O. 翌2:30)
  • 定休日:年中無休
  • JR大津駅北口を出て、正面のビル地下1階にございます。滋賀銀行の隣のビルです。

寛ぎの空間で美酒に酔う♪ お得な各種ご宴会コース☆

魚民 滋賀 大津北口駅前店のクーポン(PC)

魚民 滋賀 大津北口駅前店のクーポン(スマホ)

イタリアンダイニング ベルラーゴ Bel Lago

  • 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 10:00~22:00 (料理L.O. 21:00 ドリンクL.O. 22:00)
  • 定休日:無休
  • 琵琶湖ホテル JR大津駅(北口)より無料シャトルバスで約5分又は徒歩10分/京阪浜大津駅徒歩約5分

ピザ窯で焼く本格ピッツァ 滋賀の新鮮野菜を使用!

イタリアンダイニング ベルラーゴ Bel Lagoのクーポン(PC)

イタリアンダイニング ベルラーゴ Bel Lagoのクーポン(スマホ)

ホットペッパー Webサービス
【画像提供:ホットペッパー グルメ】

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ