笑顔のお薬師さんと、フィギュアのような十二神将を安置する柏原阿弥陀堂

八幡神社の神宮寺として建立された柏寿山 来光寺。
通称、「柏原阿弥陀堂」と呼ばれています。

明治初年の廃仏毀釈(神仏分離)で、八幡神社の境内奥に移設させられ、現在に至ります。

境内の入り口にたどり着くと、ずっしりと太く、大きなケヤキがありました!

柏原阿弥陀堂 野神

柏原阿弥陀堂 野神

樹齢800年以上、幹回りは8.4mもあります!

このようなケヤキの古木は、湖北地方では野神(のがみ)と呼ばれて崇められているのです。
神様なんですよね^^

ケヤキの古木は、この地方の名前の由来にも関係しています。

このあたりでは、(ケヤキの古い名)の古木が点在しているんです。
ことから、この地は「高槻」と名付けられたそうです。

その後、平安後期の歌人「大江匡房」が、このあたりは月の名所であることを歌に詠んだことから、「高月」に改められたのだそうです。

そして柏原の野神さんは、高月の中でも一番のビッグサイズなんです^^

樹齢800年というと、戦国時代の戦乱にも耐えているということになりますが、良く生き延びられたな~と感心しますね。

野神さんを拝んで、境内の奥に行くと、本堂である阿弥陀堂があります。

柏原阿弥陀堂 本堂

村社である八幡神社の神宮寺ですから、村の小さなお寺、という感じなのですが、お堂に上がると、堂内の厨子に菊の御紋がついているのを確認しました!

こちらは中央にいらっしゃる、御本尊の阿弥陀如来立像。

柏原阿弥陀堂 阿弥陀如来

きらびやかに輝く菊の御紋があります。
つまり、皇室と関係がある寺ということですね。

堂内には3つ厨子があって、右側の厨子には皇室の御位牌も安置されていました。
実はここは、後水尾天皇が造営した修学院離宮「林丘寺」の末寺として栄えたのです。

どういう経緯で林丘寺の末寺になったのか?というと、それは江戸時代にさかのぼります。

柏原村と隣村とで争いがおき、一揆になりかけた時、林丘寺の御門跡様の仲裁により、大事に至らず終結したのだそうです。
以来、村では林丘寺へのご恩に感謝して、当時の御門跡様であった後水尾天皇の皇女「光子内親王」をはじめ、歴代御門跡様の御位牌を奉安しているのだそうです。

御本尊の左側にいらっしゃる薬師如来立像。

柏原阿弥陀堂 薬師如来

ニコッと笑うように優しくこちらを見てくださっています^^
下の十二神将たちのポーズもフィギュアのようでかわいいです♪

この薬師如来立像は、長浜市指定文化財を受けています。
平安時代に作られたとされる仏像で、もう少し文化財として高く評価しても良さそうですが、明治時代の世話方が、仏様についている(すす)を徹底的に除去したのですが、それが「手を加えた」と判断されたようです。

現在の文化財保護の観点は「現状維持」ですから、補修したら価値が下がります。
しかし、補修だけではなく、過剰に磨いたりして、それでキレイになっても、質感というか、そういうところが変わっちゃうので、手を加えたことになっちゃうんですよね。

こういうパターン、ここのお薬師さんに限りません。
大事にする気持ちがそうしちゃうんでしょうね。

御朱印

柏原阿弥陀堂の御朱印です。

柏原阿弥陀堂 御朱印

柏寿山 来光寺のアクセス情報

正式名称 柏寿山 来光寺
TEL 0749-82-5909(奥びわ湖観光協会)
住所 滋賀県長浜市高月町柏原856
電車・バス JR北陸本線「高月」駅より徒歩18分。
駐車場 なし
特別公開・注目の祭・イベント等 8月第一日曜日:観音の里たかつき ふるさとまつり
公式サイト なし

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ