慈覚大師円仁が開いた聖地 比叡山 横川

比叡山は大きく「東塔」「西塔」「横川」という3つのエリアにわかれます。
今回は比叡山最奥の地「横川(よかわ)」です。

東塔についてはこちら⇒数々の名僧を輩出した比叡山延暦寺の中心地、東塔地域

横川は、延暦寺の中心地である東塔から北方にある、慈覚大師 円仁によって開かれた地です。

円仁は最澄の直弟子で、後に第3代天台座主を務め、真言密教と比べて遅れていた天台密教の確立に力を尽くした僧です。
師匠である「最澄」、弟弟子の「円珍」と共に「天台三聖」の一人として称されています。

横川は東塔や西塔よりも静かな雰囲気があって、いつ行っても人が少ないように感じるのですが、ここは名だたる高僧ゆかりの地がたくさんあります。

今回は紅葉の見頃の時期に合わせて行ってみました。

境内の地図はこのようになっています。

横川 境内地図

参拝順ではありませんが、横川のなりたちの流れがわかるように紹介します。

横川へのアクセス

横川は比叡山の中でも奥まったところにあるので、東塔と比べてアクセスが少し面倒です。

比叡山までのアクセスルートや料金は、比叡山の公式サイトや、「山と水と光の廻廊」webサイトに載っています。

比叡山公式サイト⇒交通案内 | 天台宗総本山 比叡山延暦寺 [Hieizan Enryakuji]
山と水と光の廻廊⇒ 交通検索(電車・バスでお越しの方) | 比叡山・びわ湖 観光情報サイト<山と水と光の廻廊>

ここでは、アクセスの際の注意事項に触れておきたいと思います。

【電車・バスで訪れる場合】

ケーブルは東塔方面にしか出ていないので、東塔に到着するのですが、横川へはそこからシャトルバス(有料)に乗って15分で到着します。
東塔から徒歩でも行けるのですが、100分以上かかるので大変です><

比叡山は参拝するだけでも1日がかりになるほど広いですので、歩くことが目的でない限りはシャトルバスを利用した方が良いと思います。

ただし、シャトルバスは冬季期間は運休しますので要注意。
運行期間は3月20日~12月4日までとなっていますが、年によって期間が前後します。

【車で訪れる場合】

アクセスの利便性は東塔へ行く場合とあまり変わらないのですが、料金的には雄琴方面の「仰木料金所」から入った方が安いです。
西塔までは料金変わらず入山できます。

京都方面の「田の谷峠料金所」から入った場合、普通自動車で700円も差があります。
西塔・横川だけに行きたい場合は、仰木料金所からドライブウェイに入った方が良いですね。


比叡山には、アクセスの方法によって、お得なチケットが用意されています。
おトクなチケット | 比叡山・びわ湖 観光情報サイト<山と水と光の廻廊>

期間限定のものもありますので、訪れる前に必ず見ておきましょう。

遣唐使船がモデルになっている横川中堂

慈覚大師 円仁

円仁といえば、まだ不完全だった天台の教えをまとめるといった目覚ましい大活躍が伝わります。

唐で学んだことを次々に実行した結果なのですが、その裏では壮絶な旅を経験しています。

船の難破は何度も経験していますし、海賊に襲われたこともあります。
唐についてからもなかなか目的の天台山への入山が許可されず、帰国命令を出されながらも何度も唐の役人を説得し、苦労しながらも学べるところに出向いては学び、最終的には密教を中心とする中国仏教の最高峰を学びとったといいます。

さらに帰りは、その頃に即位した皇帝が道教を支持して仏教を嫌い、仏寺を破却する「会昌の破仏」にあい、命からがら日本へ逃げています。

円仁は、そんな筆舌につくし難い苦難の旅をも乗り越えるアクティブな人物像を想像するのですが、実は唐に行く前の40歳ごろに体を悪くして、命も危うい状態に陥ったことがあります。
(実際に亡くなったのは70歳頃。入唐したのは45歳頃です)

その時に草庵を建てて隠棲したのが横川の始まりです。

円仁は死を覚悟しながら修行を続けたのですが、なんと修行をしているうちに元気になってしまいました^^
その後から語り継がれるような活躍があったんですね。

こちらが横川の中心的お堂である横川中堂。

横川中堂

おそらく、円仁が建てた草庵の場所に建てているのだと思います。
横川中堂は、清水の舞台と同じように、斜面に長い束柱を立てて支える「舞台作り」(懸造りとも呼ばれる)という技法で建てられています。

比叡山延暦寺 横川中堂

比叡山延暦寺 横川中堂

石垣を積んでいるのにわざわざ舞台作りにしているのは、遣唐使船をモデルにしているからなのだとか。
全体的に浮かんで見えるような雰囲気を出しているわけです。

別の角度から見ると、なんとなく地面を波に例えてお堂が波の上を進んでいくようにも見えなくありません^^

比叡山延暦寺 横川中堂

なぜ遣唐使船に見立てているのか?というと、それは横川をひらいた慈覚大師 円仁に関係しています。
円仁は遣唐使として遣唐使船に乗り、唐で密教を学んできているんですね。

同じように、師匠である最澄も円仁以前に遣唐使として入唐し、本場の天台山で学んで、日本に多くの新知識をもたらしました。
しかし、最初から短期留学の予定だったために、密教についてはマスターしないままに帰らなければならなかったわけです。

それを後に学んできて天台教学を強化したのが円仁なんです。

入り口の前には「護法石」が置かれています。

護法石

これは比叡山の守護神、鹿島明神と赤山明神が降臨するときに宿られたという石です。
木が無造作に生い茂っているのは気になりますが、何か意味があるのでしょうか?わかりません^^;

赤山明神は円仁が唐から帰国する時に、船が難破しそうになったのですが、赤山明神が船の舳先に立って守護してくれたので助かったのだそうです。

まるで今も見守っているようですね^^
すぐ近くには赤山宮もありました。

赤山宮

赤山明神は円仁が唐からもたらして広まったわけですが、信仰の中心地のそばにこのように置いているところを見ると、よほど頼りにしていたのでしょう。

横川中堂の本尊は、円仁作とされる聖観音菩薩。
一緒に毘沙門天と不動明王も祀られていました。

延暦寺は信長の焼き討ちにもあっていますし、横川中堂は昭和17年に雷火で焼失したりしたこともあるのですが、本尊はなんとか災禍から免れているのだそうです。
外陣から拝むことができるのですが、肉眼で見るにはちょっと遠かったです^^;

円仁が著した法華経を納める根本如法塔

横川は隠棲した円仁が、天台宗の根本経典である法華経八巻を書写することで失明寸前の重病から解放され、健康を回復したという地です。

その経文を納めるために建てられたのが根本如法塔。
横川中堂の裏側、道を挟んで向こう側の階段を上るとあります。

根本如法塔

その時の円仁の写経の仕方ですが、私たちが想像する写経とは一味違う念が込められているんですよ。
なんと「一字三礼」ですべて合わせて7万文字もある経を写しているのです!

どういうことかというと、1文字書く毎に両手・両膝・額を伏せる「五体投地」で3度も礼拝するのです。
それで7万文字も書いたといいます!
約3年の月日をかけたそうですが、ものすごい精神力ですね。

この修行を「如法写経」というのですが、この修行は毎月8月初旬に行われ、千年以上続けられています。
これだけ写経が行われているわけですから、「横川は何処を掘っても写経壺が出る」と言われるほどの写経の聖地なんです。

現在の根本如法塔はは大正14年に建てられたもので、釈迦如来・多宝如来が祀られ、経文も納められています。
横川中堂では写経体験も行われていますが、このような由来のある場所で写経をすると、格別な体験になりそうですね^^

比叡山のカリスマ、慈恵大師 良源を祀る元三大師堂

元三大師堂

横川中堂からさらに奥に行くと、四季講堂があります。
村上天皇の勅命で四季に法華経が論議されたことからその名がついています。

元々は円仁が横川を開いてから約100年後、「慈恵大師 良源」が開いた住房でした。
良源は比叡山の中興の祖で、多くの名僧を育てた人物です。

比叡山は承平五年(935)に火事で多くの諸堂を失なっているのですが、そこからなかなか復興できませんでした。
その間に荒廃してしまったのですが、それを復興し、教学まで盛んにし、比叡山全盛期といえるほどまで押し上げたのが良源です。

一月三日に亡くなったことから「元三大師(がんざんだいし)」とも呼ばれ、四季講堂は「元三大師堂」とも呼ばれます。

元三大師堂

元三大師を祀るお寺は全国にありますが、それはこの横川の元三大師堂から分布したものなので、ここは元三大師信仰の総本山ともいえる場所なのです。

境内に入ってすぐのところは、紅葉の季節に来るとなかなか綺麗な所です。

元三大師堂 紅葉

元三大師堂 紅葉

厄除け・息災祈願の根本道場としての元三大師堂

お堂には良源が「角大師(つのだいし)」や「魔滅大師(まめだいし)」(豆大師)と呼ばれる由来について書かれた額が掛かっています。

角大師

豆大師

とにかくパワーのある人物で、特に修験の霊力に優れていたようです。
なのでこのような伝説がいくつか語られているんですよね^^

「魔滅大師」という名前からもわかるように、魔を滅することができる力を持っていた、ということで、厄除け大師として有名なのです。
私は今回、角大師の護符を購入しました。

角大師 お札

この護符の絵柄は、良源が魔を滅するために鬼の姿となった時、弟子が描き写した姿なのだとか。

他にも、鬼の姿をした「降魔大師」や、小さな元三大師が33人いらっしゃる「魔滅大師」、そして普通に坐して祈祷をされている「元三大師」など、お札の種類がたくさんありました。
どれにしようか迷ってしまいますね^^;

おみくじ発祥の地としての元三大師堂

良源は、実は日本におけるおみくじの生みの親でもあります。

良源は、人々を困難から救うことを記念した時に、観音様からその解決法を記された五言四句の偈文を100枚授かったそうです。
それがおみくじの起源になっています。

しかし、今のようにくじを引いて吉凶を占うようになったのは江戸時代になってからのこと。
元三大師堂では普通のおみくじとは違います。

発祥の地らしく、僧侶に占う内容を相談、さらに読経をしておみくじを引き、僧侶が古文書を調べながら本気で解決方法をアドバイスするようなものなのです。
なので受付の前には、ここのおみくじは気軽に申し込まないよう、注意書きがされていました。

人生の岐路に立たされている方におすすめしたいおみくじですね。
ここでおみくじを引こうと思っている方は、相談内容を明確にし、出た結果をしっかり受け止める覚悟で行きましょう^^

勇気がいりますね^^;

修行僧は大変!看勤地獄と呼ばれる元三大師堂での修行

私たち参拝者にはあまり関係ありませんが、このお堂での僧侶の生活は、無動寺谷の「回峯地獄」、浄土院の「掃除地獄」と共に、横川の「看勤地獄(かんきんじごく)」と呼ばれています。

これは、横川に属する寺院の住職が、元三大師に仕える執事として2~3年交代で1名勤めるのですが、それが大変なのです><

お寺では朝昼晩の勤行があるわけですが、その内容はかなり厳格らしく、しかもかなり時間かかるものなのだそうです。

良源は3000人も門弟を抱えるほどのパワーのある人だったのですが、弟子一人ひとりがレベルの高い僧侶となるように「論議」を重視していました。
そのため、勤行に自問自答の論議が多く用いられているわけです。

この勤行に慣れていない僧侶は、1日中読経していないと、1日分の勤行が消化できないのだとか。

しかし、1日中勤行に集中できるのか、というとそういうわけではありません。
昼間は私たちのような参拝客や信者もきますから、その相手をする必要も当然あります。

時には下山しなければならない用事があった場合、勤行から解放されるのかというと、そう甘くはありません。
留守にする分を前もって消化しておかなえればならないのです。

ではどうするのか?というと、早く消化できないものは睡眠時間を削ってやるしかないわけです。
毎日毎日それが続きます。
看勤地獄と呼ばれる所以です。

まさにブラック・・・・いや、修行して世のため人のために頑張っておられるわけですね^^;

比叡山三魔所の一つ、元三大師御廟

元三大師御廟

元三大師堂から北へ300メートルほど、横川中堂の北東にあたる部分に、良源の墓所である元三大師御廟があります。
周りには何もなく、崖に沿った道沿いにひっそりとあって、拝殿となっているシンプルなお堂が建っているだけの寂しい感じです。

しかしここは、比叡山三魔所の一つに数えられている場所なんです。
(残り二つは、東塔へ登る参道、本坂の道の途中にある「天梯権現祠」、もう一つは横川の飯室谷の端にある「慈忍和尚廟」。)

比叡山は京の都の北東、つまり「鬼門」の位置にあるわけですが、その鬼門の中でも横川は鬼門にあたります。
その横川の中でも鬼門に当たる場所に、この元三大師廟があるわけです。

良源は入滅するとき弟子たちに、立派な御廟を作らず亡骸を比叡山の鬼門に捨てるよう、遺言を残しました。
そして、墓は決して掃除するなと伝えたといいます。

良源は絶大な霊験を持っていたわけですから、比叡山を守り続けようとしたのかもしれません。

良源の墓所は正面に見えているお堂の裏側。

元三大師御廟

鳥居の奥にいくつか灯篭が立っていますが、その奥に墓所があります。

その墓石は、一般に見られるような名前の入った立派な墓石ではなく、まるでキノコのような形をしたシンプルな石柱でした。
その周りは雑草だらけで、確かに掃除はしていないような自然な雰囲気でした。

この墓石は、言い伝えによると、天下に異変があれば凄まじい音をたてるのだそうです。

ちょっと怖いですね^^;

元三大師と大蛇の伝説が伝わる「龍が池弁天」

赤池

横川の拝観入り口から真っすぐ歩いていくと、横川中堂の裏手側にでます。
横川中堂が見えるところに差し掛かったところにあるのが「龍が池」です。

中央には「龍が池弁天」が祀られています。

龍が池弁天

実はこの池に、元三大師の大蛇退治の伝説が伝わっています。

昔、この池に大蛇が住み着き、修行僧の邪魔をしたり、麓の坂本や仰木に現れて人々を襲ったりしていました。

元三大師はこれを知り、大蛇に

「お前は神通力を持っているというが本当か?それなら大きな姿になってみよ」

と言いました。
すると大蛇は数十倍の大きさになりました。

「大変見事だ。では私の掌の中に入ることができるか?」

というと、大蛇は一寸足らずの蛇になりました。

大師はすかさず念力で閉じ込めてしまいました。
そして大蛇を諭し、弁天様をお招きして、弁天様の侍者としました。

それからはこの大蛇はこれまでの悪行を悔い改め、龍神として弁天様に仕えながら横川を訪れる人々の新願成就の助けをすることにしたのです。

ここを通ると参拝する前に立派な横川中堂が見えてしまうので、参拝せずにさっそうと横川中堂の方に向かってしまう人が多いです^^
せっかく霊験あらたかな弁天様と龍神様なので、お参りはしておきたいですね。

比叡山三弁天の一つ、箸塚弁財天

箸塚弁財天

元三大師堂の前には、箸塚弁財天というシンプルな社があります。
これは、良源が千僧供養(千人の僧に供養すること)を行った際に使用した箸が埋められ、弁財天を祀った社です。

この弁天様は、無動寺弁天堂、西塔の蓑淵弁財天とあわせて、比叡山三弁天の1つに数えられています。

写真を見るとわかるのですが、社殿が真新しくなったばかりなんです。
そのため、実はいまだけ弁天様の像が元三大師堂の不動明王の横に置かれているのです!

元三大師堂の住職さんに伺った話なのですが、この工事のために元三大師堂に今だけ置いているのだそうです。
外に出したのは50年ぶりくらいなのだとか。

そんな貴重な弁天様を拝むことができる!と思ってお不動さんのところを探したのですが、暗くて見えません。
50cmくらいあるかどうかの厨子は見えたんですけどね^^;

「暗いので心眼で見てみてくださいね」と言われていたのですが、いつも持っている単眼鏡を使っても見えませんでした^^;

弁財天と言えば、琵琶を弾く妖艶な姿で七福神の一人となっているのですが、それは日本での話です。
こちらの弁財天は、インドからきた弁財天なのだそうで、6本の腕(8本だったかも?)があって、剣を持った姿なのだそうです。

目を凝らすと、剣の先のようなものも見えたような気もします(≧▽≦)

恵心僧都 源信が念仏三昧の修行をした恵心堂

横川中堂の正面から高台になっている方に向かうと、T字路の突き当りに鐘楼があります。
左に行くと元三大師堂、右に行くと「秘宝館」という建物があり、そこを過ぎたところに恵心堂があります。

「秘宝館」という名前は気になりますが、これは東塔の国宝殿ができる前に比叡山の寺宝を展示していた場所です。
今は東塔の国宝殿に移管していて、現在は使われていない建物になっています。

そして「南無阿弥陀仏」の石碑が立っているのが恵心堂の入り口。

恵心堂

紅葉がきれいな敷地の中に細い石畳が続きます。

恵心堂

その先にあるのが恵心堂です。

恵心堂

ここは、藤原兼家が元三大師のために建てたお堂です。

元三大師には約3000人もの門下生がいたのですが、その中でも四哲の一人とされるのが源信(げんしん)
源信はここに住んで念仏三昧の修行や執筆を行いました。

恵心堂に住んでいたことから、「恵心僧都(えしんそうず)」とも呼ばれています。

源信は、「往生要集」を著して日本の浄土教の基礎を築いた人物です。
往生要集の中で地獄や極楽がどのようなところであるかを説き、極楽浄土へ行くための念仏往生の思想とその実践方法を明確にしました。

特に地獄の様子は事細かに書かれ、それが今の日本人が思い描く地獄の様子に繋がっているんですね。

源信についてはこちら⇒奈良国立博物館で行われている特別展「源信-地獄・極楽への扉」を見に行きました。

恵心堂のある敷地は非常にひっそりとした空間です。
そういう中に小さなお堂が建っているわけです。
奥行きもありません。

恵心堂

源信が書いた往生要集は、法然や親鸞などに大きな影響を与えることになるのですが、それはこんな山奥で書かれていたわけですね^^

恵心堂の内部は非公開ですが、中には阿弥陀如来が祀られ、念仏三昧の道場になっているのだそうです。

道元禅師 得度の地

道元禅師得度霊跡

元三大師堂の入り口近く、恵心堂方面と元三大師御廟の分かれ道の所に、「道元禅師得度霊跡」と書かれた道標があります。

道元禅師は鎌倉時代の禅僧で、日本における曹洞宗の開祖です。
「得度」というのは、僧侶になるための儀式のこと。

道標横の道を進むとその霊跡があります。

道元禅師得度霊跡

下り道になっていますが、そんなに遠くはありません^^
2、3分ほどで着きます。

道元禅師得度霊跡

石碑には、「承陽大師得度霊跡」と書かれています。

道元禅師得度霊跡

「承陽大師」というのは、明治12年に道元に贈られた諡号です。

道元は13歳の春に比叡山にのぼり、仏道を学びました。
その翌年にここで得度したんですね。

あたりはうっそうした森の中で他に何もありませんが、ここから道元禅師の仏道への探求が始まったわけです。

道元禅師の生涯については、こちらのDVDがおススメです。

私も最初はこのDVDを見て道元について学びました。
概要程度で、これだけで深く掘り下げることはできませんが、初心者が道元がどういう人なのか?禅とは何か?みたいなものを知るきっかけになると思います。

日蓮聖人修行の地 定光院

箸塚弁財天の横から、天台宗修行道場の比叡山行院を過ぎて約10分の下り道。

横川 定光院

200段ほどの階段ですが、この階段は段差はあまりないものの、全てが坂になっていて、なかなかきついです^^
帰りは上りになりますし、健脚の方にお勧めな道ですね。

10分ほど下ると、日蓮宗の宗祖、日蓮が22歳~33歳までの12年間を住坊として修行をしていた定光院にたどり着きます。

横川 定光院

ここは日蓮聖人が生涯で一番多くの時間を過ごした場所なんです。
ここで日蓮宗という宗派を開くための礎を築いたことから、現在は日蓮宗の根本道場になっているようです。

広くはありませんが奥行きのある境内。

横川 定光院

「日蓮聖人御使用の手水鉢」というのもありました。

日蓮聖人御使用の手水鉢

境内の奥には、日蓮聖人の大きな銅像が建てられていました。

日蓮上人

この銅像は大正14年に日蓮聖人生誕700年を記念して建てられたもので、牛で運ばれてきたのだとか^^

本堂の中心には日蓮聖人像が祀られていて、他にも三十番神像も祀られていました。

三十番神は、毎日交代で国家や国民を守護するという神様たち。
1日目は熱田神宮、2日目は諏訪大社・・・というように、全国の有名な神様が30日周期で見守ってくれるわけで、日蓮宗では重視されています。

ほとんどの神様は昔の貴族のような格好をしているのですが、中には元々の姿に特徴のある神様はそのお姿をしていました。

例えば、春日大社の春日大明神は、鹿の上にのる太陽のような丸い鏡の画像があります。
ここに祀られているのもそのお姿でした^^

他にも上賀茂神社の神様は「賀茂別雷大神」という雷神ですが、まさに雷様のお姿をしています。
細かく見るとその神様の特徴が出ていて興味深い神像でした。

私が本堂でお参りをしていると、お題目を唱えながら入ってくる信者さんがいたりして、比叡山の中なのに本当に日蓮宗の道場なんだなと、不思議な感覚でした^^

御朱印

比叡山には御朱印がたくさんありますが、横川だけでも5種類頂きました。

  • 横川中堂
  • 恵心堂
  • 元三大師
  • 箸塚弁財天
  • 定光院

です。

まずは横川中堂の御朱印。

横川中堂 御朱印

恵心堂の御朱印も横川中堂で頂きます。

恵心堂 御朱印

元三大師の御朱印は元三大師堂で頂きます。
角大師の印が特徴的ですね^^

元三大師堂 御朱印

箸塚弁財天の御朱印は元三大師堂で頂きます。

箸塚弁財天 御朱印

最後に定光院の御朱印です。

定光院 御朱印

比叡山 延暦寺のアクセス情報

正式名称 比叡山 延暦寺
TEL 077-578-0001
住所 滋賀県大津市坂本本町4225
開門時間 【東塔地区】
3月~11月:8:30~16:30
12月:9:00~16:00
1月~2月:9:00~16:30

【西塔・横川地区】
3月~11月:9:00~16:00
12月:9:30~15:30
1月~2月:9:30~16:00
電車・バス
  • 【滋賀県側より】JR線・京阪電車・坂本ケーブル利用
  • 【京都府側より】京阪電車・叡山電鉄・八瀬ケーブル利用
  • 【京都府側より】JR京都駅・京阪三条駅・京阪出町柳駅より比叡山頂行き乗車→延暦寺バスセンター下車
  • 西塔・横川へは延暦寺バスセンター(東塔地域)から山内シャトルバスを利用。ただし、冬季期間(12月上旬~3月下旬)は運休
  • 下鴨大津線・山中越え途中より比叡山ドライブウェイ(有料)を利用
  • 大津市仰木・琵琶湖大橋側より奥比叡ドライブウェイ(有料)を利用
駐車場 無料(比叡山ドライブウェイ・奥比叡ドライブウェイは有料)
拝観料 【東塔・西塔・横川共通券】
大人:700円
中高生:500円
小学生:300円
特別公開・注目の祭・イベント等 5月下旬:横川観音講(横川中堂)
9月上旬:千日回峰行者特別祈祷(横川中堂)

公式サイト http://www.hieizan.or.jp/

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ