文の助茶屋本店で田舎氷と甘酒を頂きました。

文の助茶屋

京きなこを使った、とろけるようなわらび餅で有名な文の助茶屋。
明治末期に上方落語家の桂文之助が始めたお茶屋さんです。

文の助茶屋は夏になったら田舎氷というかき氷が登場します!
かき氷の仲に、わらび餅が入っているというちょっと変わったかき氷です。

本店が京都・東山の八坂の塔のすぐ近くにあるので、食べに行ってみました^^

門をくぐると、風情があって気持ちよさそうな庭席があります。

文の助茶屋 庭席

日陰にもなっていて、外で頂くのも気持ち良さそうです^^
でも、中もいろいろあるので、中に入りました。

店内はお多福さんや古い京絵馬などがたくさん飾られています。

文の助茶屋 店内

文の助茶屋 店内

本店だと絵馬を購入することもできます。

席について早速、田舎氷と甘酒を注文。
こちらが田舎氷と甘酒です。

文の助茶屋 田舎氷

食べてみると、きな粉の香りが口いっぱいに広がります♪
きなこの蜜がかかっているようです。
氷も細かいですね^^

そしてアイスもきな粉アイス。
きな粉は、京きな粉を深煎りしたものを使っているようです。
主張しすぎず程良い甘さで美味しいです^^

氷の中には優しいニッキ味のプルプルわらび餅が2個入っています。
シャリフワな氷がきな粉蜜と程良く混ざって、さらにニッキの香りも感じられる、和菓子の玉手箱のような美味しさですね♪

甘酒の方は、砂糖不使用の甘酒で、アルコール分は入っていません。
変な癖もなくて、とっても優しい味。
これも結構オススメですね^^

そもそも文の助茶屋は、初代の頃「甘酒茶屋」として手作りしていたそうで、今でも創業以来の手作り製法で作っているのだとか。
甘酒は江戸時代の頃から夏バテ対策として飲まれてきたものですので、その時代の味がそのまま頂けるのも魅力ですね。

店内にはお土産用のわらび餅や「甘酒の元」なども売っていますよ♪

静かな店内から外を眺めるのも気持ち良いです。

文の助茶屋

東山界隈に訪れたら、ぜひ行ってみて下さい♪
役者さんや落語家さんなども良くくるらしいので、もしかしたら誰かに会えるかもしれませんね^^

ちなみに文の助茶屋は、本店以外に清水店、新横浜店、名古屋店があります。
土産物だけなら、京都髙島屋(B1)、ジェイアール京都伊勢丹(B1)、京都駅新幹線ホーム下コンコース内売店、金閣寺、渡月橋(嵐山)などにもあるようです。

京甘味 文の助茶屋本店のアクセス情報

正式名称 京甘味 文の助茶屋本店
TEL 075-561-1972
住所 京都市東山区下河原通東入八坂上町373
開門時間 10:30~17:30(17:30ラストオーダー)
定休日 不定休(お正月、祝日、シーズン中は無休)
駐車場 なし
公式サイト http://www.bunnosuke.jp/eccube/

周辺のホットペッパー・クーポンが使えるお店

肉バル らんまん

  • 営業時間:月、水~日、祝日、祝前日: 11:30~14:30 (料理L.O. 14:30 ドリンクL.O. 14:30)17:00~22:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)
  • 定休日:
  • 京阪四条駅より徒歩3分/阪急京都線・河原町駅1番出口より北へ徒歩3分

先斗町◇観光・デートに◎ こだわり◇お肉料理!!

肉バル らんまんのクーポン(PC)

肉バル らんまんのクーポン(スマホ)

肉バル ニクジロー 四条木屋町店

  • 営業時間:月~日、祝日、祝前日: 12:00~15:0017:00~翌1:00 (料理L.O. 翌0:00 ドリンクL.O. 翌0:00)
  • 定休日:【大晦日・元日は定休日となっております】木屋町で飲み放題のある居酒屋をお探しの方は、ぜひ当店へお越しくださいませ!
  • 阪急河原町駅徒歩1分・京阪祇園四条駅徒歩2分とアクセス良好です☆木屋町で貸切宴会ができる居酒屋をお探しなら当店へ

木屋町のおしゃれな居酒屋 自慢のお肉料理が豊富♪

肉バル ニクジロー 四条木屋町店のクーポン(PC)

肉バル ニクジロー 四条木屋町店のクーポン(スマホ)

ホットペッパー Webサービス
【画像提供:ホットペッパー グルメ】

周辺の宿泊施設

じゃらん Web サービス

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ