魔界・京都を巡る本「魔界京都 – 安倍晴明と平安京奇譚」

魔界京都 安倍晴明と平安京奇譚

平安時代の京都は、雅なイメージがありますが、一方で怨霊や物怪に恐れおののいていた時代でもありました。
皇位継承争いや政争が度々あって、それによる恨みつらみは怨霊化、妖怪化するわけです。

これらは自分の心の内の恐怖が産み出したものなのだと思いますが、こういうものが本気で恐れられ、陰陽道の占星術などを使った対策が行われていた時代でもあります。
京都は「風水の都」とも言われますが、そういう理由が一つになっているんですね。

そしてこの本は、平安京を護る陰陽師、怨霊や祟りを恐れる王朝人、都に出没する鬼や天狗などの伝説が残る地が数多く紹介されています。

この手の本は色々出ていますし、オカルト的な要素がほとんどなのかもしれませんが、現在に伝わっているのは、昔の人の思いが込められているということでもあります。

必ずしも史実に基づかなくても、あえてこういう情報を手掛かりに現地に出かけてみて、どこまでが真実でどこまでがオカルトなのか、考えを巡らせながら旅するのも面白いですね^^
京都は魔界のテーマパークなのです^^

そしてこの本は、知らないと通り過ぎてしまうようなマニアックな場所も載っています。

例えば、丑の刻参りの話が残る鉄輪(かなわ)の井戸
現在も、下京区松原通堺町入ルにあります。

この井戸にはこういう話が伝わっています。

昔、旦那の帰りが少しでも遅いとすぐに当たり散らすという、大変嫉妬深い女がいたのですが、とうとう夫はそれに嫌気がさしてしまい、他の女性のところに夜な夜な通うようになってしまいました。

それを知った女は嫉妬のあまり、貴船神社に行き、頭に鉄輪を逆さにして戴き、松明を口にくわえ、「憎い、憎い」と藁人形に五寸釘を討ち続けたのです。

一方でこのところ体調不良が続くことを不審に思った夫は、安倍晴明に相談、すると晴明は妻が丑の刻参りをしていることを見破りました。
そして、呪詛から防御するための祈祷を行ったのです。

そして迎えた満願の夜、夫の枕元に女が亡霊のように現れ、連れ去ろうとしますが、夫の周りには晴明が使わした式神がいて、護っているのでどうすることもできません。
狂気にかられて挑みかかるもどうしようもなく、しかし殺してやりたいと怨念は残ります。

思いあまった妻は、側にあった井戸に身を投げてしまったのです。

この井戸の側は、そんな哀しい女を不憫に思った近所の人々が建てたという祠があるそうです。

実はここ、私が好きなイタリアンの店のほんのすぐ近くにあるらしいのですが、知りませんでした^^;
家と家の隙間にあって、扉もついているので、わかりにくいんですよね。

またいつか行ってみようと思っています^^;

この本には他にも、化鳥の(ぬえ)を退治した源頼政の話や、土蜘蛛と戦った源頼光など、興味深い話も出てきます。
なかなか面白い本ですよ^^

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このページの先頭へ